s_school-teacher-148135_640


おはようございます。まさくんです。


この記事では、これから情報発信や
メルマガアフィリエイトを通して、
「人に教える」事を行っていくあなたに、
必ず心掛けて欲しい事を解説しています。


いわゆる「五者の精神」というもので、
教師は学者、役者、易者、芸者、医者である。


この考え方について、具体的に見ていきましょう。

教師やコンサルタントは「五者の精神」を持つべきである。


あなたがこれから、ネットビジネスや
アフィリエイトのコンサルタントになる場合、
まず、冒頭で紹介した「五者の精神」を
身に付けることから始めて下さい。


この「五者」とは何なのかと言うと、


・学者
・役者
・易者
・芸者
・医者



こちらになります。


では、この5つの言葉には
一体どういう意味があるのでしょうか。

1つずつお話ししていきますね。


五者の精神その1:学者


まずはじめに「学者」についてです。


これは、人にものを教えるのであれば、
膨大な知識を身に付ける必要があるという事です。


生徒やクライアントに1つの事を教えるのであれば、
その「1つの事」だけを知ってるだけではダメで、
背景知識として「100の事」を知ってる必要がある訳です。


僕は現在、お問い合わせをしてきた方を対象に
サポートやアドバイスを行っている訳ですが、


人にものを分かりやすく教えるのは簡単ではないな…

この事を、日々感じています。


逆に言えば、膨大な背景知識を習得していれば、
生徒さんやクライアントさんと向き合う際に、
自信を持って教える事が可能になります。


また、知識や理論だけを身に付けるだけじゃダメで、
あなたが教える分野の経験を積む事も
同時に行って下さい。


やはり自分の経験から生まれた言葉は、
どんな知識や理論よりも説得力がありますからね。


あなたがコンサルタントになる際は、
必ず、生徒さんやクライアントさんを
指導できるだけの知識を身に付ける為に、
日々、勉強やインプットを行ったり、
あるいは経験を積み重ねる事を意識してみて下さい。


五者の精神その2:役者


次に解説するのは「役者」です。

これは「人を惹きつける力」の事です。


あなたが、生徒さんやクライアントさんから、
魅力的な教師、コンサルタントだと思われる為に
必要になってくる心構えです。


具体的に何をやるべきかと言うと、


・話し方に気を配る。抑揚や間の取り方を考える。
・場の盛り上がり方を上手くコントロールする
・その場に応じた身だしなみをする


この3つが挙げられます。


教師やコンサルタントは、単にものを教える仕事ではなく、
テレビや映画に出てくる「役者」の側面をある事を
必ず理解しておきたい所です。


この「役者」としての力を高めるには、
テレビや映画に出ている本物の役者さんを観察したり、
あるいはあなたの身近にいる、
「人を惹きつける力」がある人の事を
真似してみる事から始めてみて下さい。


五者の精神その3:易者



3つ目は「易者」です。

易者とは、いわば「占い師」の事ですね。


この易者、占い師の意味ですが、
生徒さんやクライアントさんが持つ「不安」を、
切り捨てる、取り除く力
の事を表しています。


例えばあなたが大学受験の塾の講師を務めていた場合、
あなたが教える生徒さん、高校生や浪人生は
「今の自分が第一志望の大学へ行けるのかな?」等と、
多くの心配や不安を抱えている訳です。


その際、教師であるあなたは、

「君だったら絶対に合格できる!自分を信じろ!」

いわばこんな事を言うわけです。


その際、その教師の「易者」としてのスキルが高ければ、
生徒さんは「もしかしたら合格できるかも…」と、
今までの不安が消え、逆に自信を持てるようになる訳です。


実際、その生徒さんが行きたい大学に合格する可能性は
少なくともゼロではありませんよね。


大学に行ける可能性が1%でもあるなら、
先生はその可能性を後押ししてあげる必要があります。


この教師と生徒の例は、
腕が優れている占い師の言う事や診断結果を、
根拠がある訳でも無いのに信じてしてしまう事と
よく似ています。


なのであなたは、
生徒さんやクライアントさんにとっての「易者」として、
彼らの不安を切り捨て、その1つ1つ可能性が
実現するように後押しする必要がある訳ですね。


五者の精神その4:芸者


4つ目にお話しするのは「芸者」です。

これは、生徒さんやクライアントさんが
「楽しく」学べる環境を作る力のことです。


単に知識や経験だけを聞くだけの授業って、

「ホント退屈だな〜」「早く終わってくれないかな…」

こんな風に感じるものですよね!?


あなたも1度は経験してると思います(笑)


ただ、先生やコンサルタントになるのであれば、
こう思われないよう心掛ける必要があります。


そこで必要になるのが、
生徒さんやクライアントさんに知識や理論を教える際に、
タイミングよく「笑い」を盛り込むスキルになります。


「教えること」と「笑わせること」の2つを、
上手く混ぜ合わせる力が求められてくる訳です。


ちなみに、この「笑い」を上手く盛り込む際には、
あなた自身が明るく元気に振る舞う事が、
何より大切な事となってきます。


「陽気に振る舞う」とも言い換えますね。


あなたがこのように振る舞っていると、
生徒さんやクライアントさんもその姿勢を感じ取り、
やがてその場も、明るいものへと変化していきます。


五者の精神その5:医者


最後に解説するのは「医者」です。


簡単に言うと、生徒さんやクライアントさんの
性格やタイプを見抜くスキル
の事です。


彼らのタイプや性格を素早く見抜き、
その強みを伸ばしたり、
あるいは弱みを修正する力のことです。


「性格」や「タイプ」には色々あるのですが、
ネットビジネスのコンサルでよく言われるのは、
相手が「理系」か「文系」のどちらのタイプなのかを
見抜いた上で教え方を変えるという事です。


例えば、理系タイプの方は、
良くも悪くも理屈をこねくり回す傾向にあるので、
まず全体像、原理原則を把握させ、
それから具体的な作業を教えてあげると、
順調に伸びていく傾向にあります。


ちなみに僕はこちらのタイプですね。


一方、後者の文系タイプの方は、
小難しい理屈をあれこれ言うよりも、
作業の方法やテクニックを教えてあげると、
順調に伸びていく傾向にあります。


驚くほど短期間で成果を出す方が多いのも
このタイプの特徴ですね。


又、この例を英単語の暗記で置き換えると、


・理系タイプ…語源や語尾も覚えるといいですよ。
・文系タイプ…ごちゃごちゃ言わずに暗記しましょう!


このようになるでしょうか。


あなたがコンサルタントになる場合は、
まず、クライアントさんがどちらのタイプなのかを
なるべく早い段階で見抜いた方が、
後々の指導もやり易くなります。


まとめ:教師に必要な「五者の精神」


この記事では、
教師やコンサルタントがまず身に付けて欲しい
「五者の精神」について解説してきました。


・学者
・役者
・易者
・芸者
・医者



この5点でしたね。


・学者…膨大な知識を身に付ける必要性
・役者…相手を引きつけ、魅了する力
・易者…相手の不安を取り除く力
・芸者…学びの場を楽しみに変える力
・医者…相手の性格やタイプを見抜く力


意味としてはこのようになります。


「五者の精神」の考え方は、
あなたがネットビジネスのコンサルタントとして
活動していく中でも必須のスキルですので、
なるべく早めに身体にしみこませたい所です。

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓