s_bgsm

おはようございます。まさくんです。


今回も、アフィリエイターにとって大事な大事な
キーワード選定についてのお話です。


ここで解説するのは以下の2つ。


ビッグキーワード
スモールキーワード


一体どのような意味なのでしょうか。


また、これからトレンドアフィリエイトや
サイトアフィリエイトを始める方が
必ず心掛けて欲しいことについてもお話します。


キーワード選定についてのコツが掴めてない方は、
この記事を一度見てみてください!


ビッグキーワードとスモールキーワードの意味は?


ビッグキーワード」「スモールキーワード
一体どのような意味があるのでしょう?


これについては、


・ビッグキーワード:よく検索されるキーワード
・スモールキーワード:あまり検索されないキーワード


このように考えれば大丈夫です。



僕がトレンドサイトを更新する際によく題材にしていた、
スポーツ選手で考えると、
活躍している、結果を出すことがほぼ当たり前になっている選手が、
このビッグキーワードに当てはまります。


フィギュアスケートで例えるのであれば、
浅田真央選手や羽生結弦選手などは
どう考えてもビッグキーワードに該当しますよね。


その一方で、これからの活躍に期待はできそうなんだけど、
まだ国民的な知名度があるわけではない、
山本草太選手や永井優香選手は
このスモールキーワードに該当すると考えられます。



AKB48で例えるのであれば、
指原莉乃さんや柏木由紀さん、渡辺麻友さんなどの
総選挙で上位を独占しているメンバーはビッグキーワードに。


逆に、48グループのコアなファンしか知らないような、
「この子誰!?」なんて思える子は
スモールキーワードに該当します。



これからトレンドブログを始める方で、
もし、どのネタで記事書けばいいか迷ってるのであれば、
とりあえず48グループのホームページを見て、
「この子誰!?」と思った子の記事を片っ端から書いていくのも
悪いはないかもしれませんね。


一応リンクも貼っておきます。


・AKB48 こちら
・SKE48 こちら
・NMB48 こちら
・HKT48 こちら



※ホント色んな子がいるんですね・・(;^_^)


ビッグキーワードとスモールキーワードを4通りに分類すると?


それでは、このビッグキーワードとスモールキーワードは、
実際のところ、どのように活用していけばいいのでしょう。


これに関しては、関連キーワードを混ぜた
以下の4通りの組み合わせを活用することが基本となります。



・ビッグキーワード×ビッグキーワード
・ビッグキーワード×スモールキーワード
・スモールキーワード×ビッグキーワード
・スモールキーワード×スモールキーワード


一体どういう事なのでしょうか。



例えば、先ほどビッグキーワードの例としてあげた
羽生選手に関する記事を書くのであれば、


羽生結弦×彼女


これが「ビッグキーワード×ビッグキーワード」となり、


羽生結弦×事務所


こちらが「ビッグキーワード×スモールキーワード」となります。



羽生結弦 彼女」で検索する人が多いという事は、
アフィリエイトをやっている人であれば何となくわかると思うのですが、

羽生結弦 事務所」で検索する人がいるという事は、
羽生選手にファンレターを送りたい程のファンじゃない限り、
いないのではないでしょうか。



メインキーワードがスモールキーワードである事例も
ついでに紹介します。


先ほどAKB48のHPを見ていて
田北香世子さんというメンバーが目に入ったので、
例として取り上げたいと思います。


あなたが48グループのファンであれば、
田北香世子さんについてご存知かもしれませんが、
このグループに興味がないのであれば、
まず聞いた事がないメンバーなのではないでしょうか。
(少なくとも僕ははじめて知りました)


つまり、この「田北香世子」というキーワードは、
検索数が少ない「スモールキーワード」に該当される訳ですね。



そして、この「田北香世子」というキーワードにも、
2種類の関連キーワードがあります。


一例を挙げると、


田北香世子×ぐぐたす


これが「スモールキーワード×ビッグキーワード」となり、


田北香世子×足


こちらが「スモールキーワード×スモールキーワード」となります。



この4つの組み合わせを理解したら、
次を読み進めてみて下さい。


ビッグキーワードとスモールキーワードの活用方法とは?


・ビッグキーワード×ビッグキーワード
・ビッグキーワード×スモールキーワード
・スモールキーワード×ビッグキーワード
・スモールキーワード×スモールキーワード




この4通りの組み合わせについては理解されたと思うのですが、
それでは、この4つのキーワードの組み合わせは
一体どのように活用していけばいいのでしょうか。



これについては、
あなたが運営しているサイトのSEOの強さに応じて、
どれを使うのかを決めて下さいという事になります。


具体的には、SEOが弱いサイトは


スモールキーワード×スモールキーワード


これから狙っていきます。


ライバルが狙っていない複合キーワードがないかを
狙っていく訳ですね。



そして、アクセスが集まりだしたら、


スモールキーワード×ビッグキーワード


徐々にこちらも狙っていく。



上位表示される頻度が高まってきたら、


ビッグキーワード×スモールキーワード


徐々ビッグキーワードをメインキーワードとして
活用することも検討してください。



そして最後の


ビッグキーワード×ビッグキーワード


これに関しては、個人サイトでは難しい面もありますが、
サイトの強さによっては不可能ではないので、
「いけるかも!?」と思った段階で試してみるのもいいでしょう。



とは言え、いくらこの組み合わせを活用したとしても、
肝心の記事のクオリティが低ければ、
それだけで上位表示させる事は難しくなります。




記事の質を高めていくことも心掛けつつ
ビッグキーワードとスモールキーワードの組み合わせを使いこなして、
多くの人がアクセスしてくれるサイトを作っていきましょう!


まとめ:ビッグキーワードとスモールキーワードについて


この記事では、
ビッグキーワードとスモールキーワードの意味や具体例、
そして、この2つと関連キーワードを組み合わせた



・ビッグキーワード×ビッグキーワード
・ビッグキーワード×スモールキーワード
・スモールキーワード×ビッグキーワード
・スモールキーワード×スモールキーワード



こちらについて解説してきました。



もう一度まとめると、
ビッグキーワードとはよく検索されるキーワードで、


一方のスモールキーワードは、
検索数が少ないキーワードの事でしたね。



そして、
あなたが運営しているサイトのSEOの強さに応じて、
この4通りの組み合わせを使いこなしていこうと言うのが、
この記事のまとめになります。



キーワード選定に関しては、
理屈を覚えるよりも実際に手を動かして、
記事を書いたほうが早く身に付きます。


この記事を読み終わった瞬間にでも、
サイトの記事を一つでも更新してみましょう!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓