s_o0800051612879677701

こんにちは。まさくんです。


トレンドアフィリエイトの記事ネタが見つからない!


そんなあなたにオススメしたいのが「雑誌」です。


この記事では、雑誌がおすすめな理由を始め、
雑誌をまとめたおすすめサイトについてご紹介します。


また、僕がこれまで目を通してきた雑誌の一覧も
同時にわかりやすくまとめてみました。



トレンド記事作成をにおける雑誌ネタのすゝめ


ここで解説している「雑誌」というネタ元ですが、
未来ネタと速報ネタの2つに分類すると、
速報ネタ(速報記事)に当てはまるジャンルになります。


ただ、雑誌はニュースサイトとは異なり、
その号が発売されてから比較的長期間にわたって
検索されるという特徴も
あります。

目安としては1週間〜1ヶ月くらいでしょうか。


雑誌ネタの探し方ですが、
まずは以下のサイトにアクセスします。


・雑誌ネット: 雑誌の総合情報サイト

http://www.zassi.net/

すると、色々な雑誌の広告が出てくるので、
その中から記事にしやすそうなネタがないか選びます。


雑誌から記事ネタを選ぶ際の注意点としては、


・芸能、スポーツ、ドラマ関連はおすすめ
・誹謗中傷系のネタは避ける(韓国、事件、反社会勢力など)
・政治、社会、皇室は慣れないうちは手を出さない


こういった所が挙げられるでしょうか。



また、広告以外のチェックポイントとしててオススメなのが、
右下の「アクセスランキング」です。


s_スクリーンショット 2016-02-07 12.27.00


文字通りアクセスが集まっている記事の集まりなので、
これをもとに記事を書けば、
高い確率でアクセスの増加が期待できるという訳ですね。


そして、使えそうなネタを見つけたら、
キーワード選定とライバルチェックを経て
実際に記事を作成する作業に入る事になります。


後、雑誌を購入する必要はありません。

あくまで上の「雑誌ネット」を見れば
一通りの情報は手に入るからです。


ちなみに動画でも詳しく解説しているので、
一度ご覧になってみて下さいね。

記事ネタを探す際のおすすめの雑誌とは?


次に、おすすめの雑誌を紹介します。


・週刊文春
http://shukan.bunshun.jp/

・週刊新潮
https://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/


この2つは本当に鉄板なのでおすすめです。



個人的に、よく政治や社会ネタを書いていたのですが、
文春や新潮はこうしたネタ(例:政治家のスキャンダル)を
しばしば取り上げていたので、
それを見つけては記事にしていましたね。


現在、僕が運営しているごちゃまぜトレンドサイトには
週刊新潮で取り上げられていた政治家に関する記事が
割とよくアクセスを稼いでくれています。


なお、この2つの雑誌は、
毎週木曜日に発売されている事もあって、
「木曜日は文春、新潮の日!」なんてルールを
個人的に勝手に作っていましたねw



また、年末年始のTV番組の情報を確認するために、


・TVガイド
http://zasshi.tv/


を購入して、


・どのようなテレビ番組が放送されるのか
・そこに出演する芸能人、有名人は誰なのか
・どのような行事、イベントが行われるのか



主にこのような事をチェックしていましたね。

(年末年始のTVガイドは情報量が多いので、
例外的に購入してもいいかもしれません)



成功体験としては、この時期に行われるスポーツの大会を
事前にチェックしておいたお陰で、
多くのアクセスを集めることに成功した経験も。


ブログ開始1ヶ月未満で2万円弱の額を稼ぎだす事ができました。



また、「TVガイド」や「ザテレビジョン」などの、
いわゆる「テレビ情報誌」の使い道としては、
季節の変わり目(12月、3月、6月、9月)の号を
見ておくのが有効
かと思います。


これらの翌月、すなわち1月、4月、7月、10月には
新しいドラマが始まるなど、番組の入れ替わりが激しかったり
あるいは特番が多く放送されるので、
こうした番組の出演者や扱われるテーマを事前にチェックしておいて
記事にすると、アクセスが集まりやすくなります。


この記事を書いてるのは7月末なので、
次は9月になりますが、
作業を行う上で、このことは念頭に入れておいて欲しいところです。

その他、記事ネタ探しにオススメの雑誌は?


ここまででは、
僕が実際に使ってきた雑誌を紹介してきましたが、
それ以外の使える雑誌についても、同時に紹介します。


・FRIDAY
http://friday.kodansha.ne.jp/

サイトデザインが格好良いです。
記事ネタ探しのみならず、
サイトデザインを構築する際にも参考になるでしょう。


・FLASH
http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=101002

目次が表示されているので、
これを見ていくだけでネタが見つかると思います。


・女性自身
http://jisin.jp/

こちらもデザインが素晴らしいです。
女性向けのサイト、記事を書く際に使いたいですね。


・ファミ通
http://www.famitsu.com/

ゲーム系のネタを集めるならこちら。
どちらかと言えば特化型ブログ向きかも。


・ベースボール・マガジン社
http://www.bbm-japan.com/

「ベースボール・マガジン社」が発行している
スポーツ系の雑誌をまとめたサイト。
こちらも特化型ブログ向き?



以上、トレンドアフィリエイトの記事ネタ探しに使えそうな
雑誌のWebサイトをまとめてみました。


こうした雑誌のWebサイトは、単に記事ネタを探すだけでなく、

サイトデザインをより良くするにはどうすればいいだろうか
どういった点で、他のサイトとの差別化を狙っているのか

こうした視点で見てくのもいいと思います。


後、最後に「ファミ通」や「週間ベースボール」について触れてますが
もしあなたが特化型ブログを運営している場合は、
そのジャンルを扱った雑誌がないかを
事前に確認しておくのがオススメです。


この記事のまとめ


トレンドアフィリエイトの記事ネタ探しに
雑誌が使えるというテーマについて解説してきました。

ポイントとしては雑誌ネットの広告を見る事と、
週刊文春、週刊新潮は要チェックといった所でしょうか。


また、ネタを選んだらそれで終了!ではなく、
キーワード選定とライバルチェックを行いつつ、
なるべくライバルが少ない元ネタを探すのが
アクセスを集めるコツ
なのかなと思います。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓