banned-google-adsense
こんにちは。まさくんです。


この記事では、Google Adsenseの規約、
いわゆるプログラムポリシーについて
できるだけ分かりやすく解説しています。


あなたがこれからGoogle Adsenseを使用して
アフィリエイトを行うのであれば、
これらの規約には必ず目を通して
内容を理解しておく必要があります。


それでは、順番に見ていきましょう。



Google Adsenseの規約はとても厳しい!

まず前提として押さえておきたい点ですが
このGoogle Adsenseの規約は
もうめちゃくちゃ厳しい
ということです。


規約を守らない場合、
サイトに貼ってある広告は消えますし、
最悪の場合、アカウントが剥奪されると共に、
今まで獲得した報酬が全て没収される…
なんて可能性も十分あり得る話なんです。


AdSenseのアカウントを剥奪された場合、
再度AdSenseのアカウントを取得するのは
不可能ではないのですが、
かなり手間がかかる作業になってしまいます。


ですので、まずはこちらの


⇒「プログラムポリシー

を熟読して、
どのような点が引っかかるのかを
なるべく早い段階で理解する必要があります。


ただ、このプログラムポリシーは
なかなかの量があるので、
はじめからこのページを見ると
人によっては訳がわからなくなって
もしかしたら挫折するかもしれません。


そこで、このプログラムポリシーの要約を
記事内でまとめてみたので、
まずはこのページを一読した後で
上記のURLにアクセスしてみて下さい。

AdSenseのアカウントが剥奪される条件は?

ではまず、AdSenseのアカウントが
剥奪される条件
について見ていきましょう。

クリックを誘発する文章を入れる

この広告をクリックして下さい」といった一文を
AdSense広告の側に添えることですね。


言うまでもない事ですが、
AdSense広告はユーザーが自発的に
興味を持った広告にクリックするのが
本来あるべき姿なのです。

自分で広告をクリックする

これはもう、絶対にやらないで下さい。

即座にGoogleにバレますからね。


また、自分のサイトをスクロールする際も
AdSense広告を間違えてクリックするなんて事も
同じく絶対に避けてくださいね。

アドセンス狩りに遭う

また、悪意あるユーザーに
AdSense広告を何回もクリックされたり、
あるいはソースコードをコピーされて
別のサイトにベースとされる事もあります。


これを防ぐために、できるだけ早い段階で
サイトを自分のAdSenseアカウントへ
追加する手続きを済ませておきましょう。


詳細についてはこちらをご覧ください。

禁止コンテンツへの広告掲載は要注意!

そして4つ目の条件として挙げられるのが、
以下の禁止コンテンツに広告を掲載するケースです。


・アダルト、水着画像、繁殖
・ビール、タバコ、アルコール
・ギャンブル系
・武器、暴力、事件性のあるもの
・著作権に違犯しているコンテンツ
・特定の誰かを誹謗中傷するコンテンツ
・情報商材のリンク



1つずつ確認していきましょう。

アダルト、水着画像、繁殖

まず1つ目に挙げられるのが、
いわゆるアダルトサイト
女性アイドルの水着画像を扱うサイトです。

男性アイドルの裸の画像についても
避けておいた方が無難だと思います。


また、他に注意したいのが
「生殖」「繁殖」に関するコンテンツも
ペナルティの対象になる可能性がある
ということ。


以前見た個人ブログに、
「AdSenseが剥奪されたー何でー?」
という運営者の叫びが書かれていたのですが、
その原因がなんと、

カブトムシの繁殖

だったのだとか。


昆虫や動物に関する記事を扱う場合も
くれぐれも注意したいところですね。

ビール、タバコ、アルコール

2つ目はこちらです。

いわゆる未成年者が手を出せないものですね。


他には当然ですが薬物も含まれます。


ちなみに、AdSense広告を
剥奪されるサイトを見極める基準として

子供に見せても大丈夫なサイトなのか

といった点が挙げられます。


先ほど述べたアダルトサイトは勿論のこと、
こちらのビール、タバコ、アルコールなどは
この条件にバッチリ当てはまりますね。

ギャンブル系

3つ目はこちら。

これも上2つと同様に、
子供にはあまり見せたくない内容ですね。


ただ、

「今日は○○競馬場に行ってきました!」
といった日記レベルの内容であれば
ペナルティにはならないという意見もあります。


あくまで、競馬に関する専門的な記事を書いたり
競馬に関するサイトへ誘導するような
コンテンツがNGなのだそうです。

武器、暴力、事件性のあるもの

こちらも子供の目から遠ざけたい内容ですね。


戦争や銃火器に関するコンテンツや
それらの被害を受けた方についての記事、
痛ましい画像を載せたコンテンツに
AdSense広告を乗せるのは避けましょう。


また、これは聞いた話なのですが、
夏休みの代名詞的存在とも言える
花火」をテーマにした方の記事が
武器や弾薬をテーマにしたコンテンツ
という風に見なされたこともあったそうです。


夏休み前の作業には気を付けましょう。

著作権違反コンテンツ

AdSenseが特に厳しく取り締まるのがこちら。


例えば、

・他人の記事をまるまるコピペした文章
・芸能人などの画像
・YouTubeにおける違法アップロード動画

こうしたものが挙げられます。


また、こうした著作権違反コンテンツは
アカウントがペナルティの対象となると共に、
検索結果から除外されるリスクもある
ので
この点についても注意したいところですね。

特定の人物を誹謗中傷するコンテンツ

こちらも言わずもがなって感じですね。


例えば特定の誰かの人格を攻撃したり
あるいは根も葉もない噂を立てたり…


ただ、芸能人の話題を扱うサイトの中には
「劣化」「整形」といったものもありますが、
この点については微妙な点もあるかもしれません。


なお、個人的に「劣化」「整形」といった話題は
今まで一度も扱った事はありません。

少しでもリスクを避けたいのであれば、
こうした話題には踏み込まない方が
賢明なのかもしれませんね。

情報商材のリンク

情報商材のリンクを掲載するのもNGの対象になっています。


プログラムポリシーのコンテンツガイドラインの中に


報酬を提供して、広告や商品のクリック、
検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読を
ユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ



といった一文があるのですが、
情報商材もこの事例に当てはまります。


あなたが仮に自分のサイトで、
情報商材アフィリエイトを実践されるのであれば、
そのサイトにはGoogle Adsense広告を
設置することは避けてくださいね。

この記事のまとめ

この記事では、
Google Adsense広告の規約について
あれこれ色々なことを解説してきました。


AdSenseアフィリエイトを実践する前は、
上の方に掲載しているプログラムポリシーに
必ず目を通しておくようにしましょう。



それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

ここから先は自己判断でお読み下さい。

AdSense広告の規約について解説してきましたが、
個人的には、グレーなものもあると思っています。


(芸能人の)画像関係がその一例ですね。


僕自身、過去に芸能人の画像を勝手に使って
サイトを作った事があるのですが、
その際、警告を受ける事はありませんでした。


ただ、他のサイトを見ていると、
ジャニーズなど大きな事務所に所属している
芸能人については規約が特に厳しかったり
あるいは、芸能人の誹謗中傷をしたサイトが
警告を受けたというケースも見た事があります。


とは言え、リスクを犯したくないのであれば、
ここで説明した規約にはしっかり目を通し
きちんと遵守した方が賢明なのかもしれません。


それでは、
ここまでお読みいただきありがとうございました。

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓