「アフィリエイト」


色々なところでよく聞く言葉ですが、
実際、どういったものなのでしょうか。


この記事では「アフィリエイト」が
どのようなものなのかについて
稼げるのかや危険なのかも含め解説しています。

アフィリエイトとは何か?


アフィリエイト」という言葉を
あなたは人に説明できますか?



「副業として流行ってるやつでしょ!?」

「勤め先でよく利用しています。」

「ネ●ヒ●ズ族とか話題になったよねw」



人によって、これだけ受け止め方が違う言葉も
珍しいんじゃないかと個人的には思います。



アフィリエイトを一言で言えば、

インターネット上で行う
(個人の)広告代理店



といった所でしょうか。



自分のホームページやブログに広告を掲載して、
そこから一定の手数料を得ると言うのが教科書的な説明ですね。




例えばこのYahooの画像を見てください。

スクリーンショット 2015-03-03 23.45.45


右にJALの広告が貼ってある事が
よく見るとわかると思います。



Yahooのこのページを見ている人が、
このJALの広告をクリックしてフライト等の予約をした場合、
その料金の何%かが、JALからYahooに
支払われると言う仕組みになっています。



私たちがやる事は、この例のYahooと同じです。



すなわち、自分のホームページやブログに
広告主(この例だとJAL)の広告を掲載するということです。



そして、訪れたユーザーが
掲載した広告を経由して商品を購入した場合
その料金の一部を、アフィリエイト収入として
広告主から得れるという訳ですね。



ちなみに、広告主の広告を
自分のブログやホームページに掲載するには
アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)に
登録するなどの手続きをする必要があります。


アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)
については、下記の記事でお話しているので、
「何それ?」という方は後でご覧になって下さい。


⇒アフィリエイトサービスプロバイダ(asp)とは?仕組みも紹介!

アフィリエイトは稼げるのか?


それでは、アフィリエイトは稼げるのでしょうか。



・・・このサイトを訪れたあなたなら、
気になって仕方がない所かもしれませんね笑




結論から言うと、


稼げる人はどこまでも稼げるし
稼げない人は全く稼げない



という事になるのでしょうか。



かなり抽象的な説明ですね。汗




では実際はどうのかと言うと、


・月3万円以上の収入を得てる人は3.2%
・月1万円以上の収入を得てる人は3.3%
・月5千円以上の収入を得てる人は5.2%



という事になります。
(参照:日本アフィリエイト協議会




つまり、月に5000円以上稼いでる人は
全体の1割より少し多いという事になりますね。



逆に言えば、全体の9割程の人は
月に5000円も稼げていないという事になります。




あなたはこれを見てどう思われるでしょうか。




「これはキツいでしょ…」
「いやいや十分可能性あるでしょ!」




これをどう思うかは、
人によって様々でしょうね。



「9割以上が月5000円も稼げない」というデータの一方で、
月に100万円以上稼げている方も珍しくないのが
アフィリエイト業界の1つの側面でもあります。



こうしたデータの一方で、
月に100万円以上稼げてる方も珍しくないのが
アフィリエイト業界の1つの側面でもあります。


「トップアフィリエイター」と呼ばれる方だと
月に1000万円を稼ぐことも珍しくありません。


大学生で月収1000万円稼ぐ人もいますからね…。



世間の常識から考えると、
「アフィリエイト業界って一体どうなっているんだよ」
って思われるのも、無理はない気はします。笑



でも、これは本当のことなんですよね。



アフィリエイトはサイトを一度作り
そのサイトを上手く軌道に乗せれば
報酬がどんどん増えていくという面があります。


月に1万円稼げるサイトを100個持っていれば
月収100万円になりますからね。



ただ、アフィリエイトを実践されてる方の多くが
稼ぐ「コツ」を掴むのに苦労されてるのではという
印象があります。


アフィリエイトで稼ぐには
とにかく日々の作業を継続することが
何より大切なことであると言えます。


稼げない時期であっても諦めずに
コツコツ取り組める人が
最後に笑うことが出来るビジネスだと言えるでしょう。


また、これは必須ではないのですが、
既にアフィリエイトで稼いでいる人の
サポートを受ける事によって
より短期間で稼ぐことも可能にはなります。


かく言う僕自身も、
自分より実績がある方のサポートを受け、
それを日々の作業に取り入れた結果、
人より早く稼げるようになった側面もあります。


もし、そうした方との出会い、ご縁があれば
積極的にサポートや質問などをしてみるのも
稼いでいく上では必要になってくると思います。

アフィリエイトは危険?詐欺なのかも検証!


「アフィリエイト」という言葉をYahooやGoogleで検索すると
よくこのような言葉が出てきます。



アフィリエイト 危険

アフィリエイト 詐欺



これは本当なのでしょうか。



これから始める方にとっては
とても不安を感じるところですよね。



結論から言うと、
「アフィリエイト」自体は全うなビジネスです。


自分のサイトやブログに広告を貼って、
そこから何割かの手数料をもらうだけのビジネスですからね。



このページではYahooを例にして解説していますが、
他にもGoogleやAmazon、楽天といった著名なIT企業も
何かしらの形でアフィリエイトプログラムを導入しています。


・Googleは「Google AdSense」
・楽天は「楽天アフィリエイト」
・Amazonは「Amazonアソシエイト」


具体的には、各社このようなプログラムを扱っています。



いわば、社会的に広く認められている
ビジネスモデルと言ってもいいでしょう。



ではなぜ、


「アフィリエイト 危険」
「アフィリエイト 詐欺」


という検索結果が出てくるのでしょうか。



何かしらの理由はあるはずですよね。



これも色々な要因はあるとは思うのですが
個人的には、一部の悪質な業者が問題なのではと考えています。



「アフィリエイトで100万円稼ぐ方法!」
というギラギラした、いかにも胡散臭いページで
情報商材やアフィリエイト塾を販売してるのを見ると
真っ当な人だったら、普通引いちゃいますよね笑



しかも、こうした情報商材やアフィリエイト塾の中には
値段と中身が釣り合ってないものも少なからず存在します。


中には詐欺同然なものも珍しくありません。




もちろん、こうした情報商材や
アフィリエイト塾の全てが問題な訳ではありません。


中には良質な情報商材やアフィリエイト塾があるという事も
併せてお伝えしておきます。


ちなみに、情報商材の質を見分ける方法ですが、
検索エンジンに○○ 評判と入力すれば、
その商材がいいものか否かは大体分かるものです。


詳しくは以下の記事もご覧下さい。


⇒ 情報商材を購入する際に知っておきたい3つの注意点とは?



少なくとも僕は今まで、いわゆる「詐欺商材」といったものを、
購入したことは一度もありません。



また、ここ最近のアフィリエイト業界の傾向として、
そのような問題ある商材や塾は少なくなっている事が挙げられます。



いわゆる「詐欺商材」は減少する傾向にありますし、
こちらが支払った金額に見合った指導を行う方も増えています。
(僕自身も、そういった方に教わりました)

まとめ

アフィリエイトについて、基本的な事は
理解して頂けましたでしょうか。


この記事の内容をまとめてみたので、
再度、ご確認下さいね。


・アフィリエイトはネット上で行う個人の広告代理店みたいなもの。
・自分のブログなどに広告を貼り、手数料を貰うシステムになっている。
・アフィリエイトで稼ぐのは難しいが、成功すれば報酬は青天井である。
・アフィリエイトそのものには問題はないが、怪しい業者も多い。
・アフィリエイトで稼ぐには、自分に合った指導者を見つけるのがカギ。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

記事をお読みいただき
ありがとうございました。

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓