s_スクリーンショット 2016-02-13 15.45.19


こんにちは。まさくんです。


この記事では、取得した独自ドメインを
エックスサーバーに登録する方法について
解説していきます。


また、日本語ドメインをサーバーに登録する際に
必要になってくるPunycode 表記への変換についても
画像を使ってわかりやすくご紹介します。


ゆっくり1つずつ進めていけば必ず出来ますので、
初心者の方でも安心して取り組んでみて下さいね。

独自ドメインをエックスサーバーに追加する方法


それでは、まずは取得した独自ドメインを
エックスサーバーに追加してみましょう。


まずはエックスサーバーのサーバーパネルを開きます。

そして、右側の「ドメイン設定」をクリックします。


1_紐付け



するとこのような画面が表示されるので、
右側の「ドメインの追加設定」のボタンを押します。


2_紐付け



するとこのような画面が出てくるので、
取得したドメインの名前を入力し、
右下の「ドメインの追加(確認)」をクリックします。


3_紐付け



確認画面に切り替わるので、
再度、同じ名前のボタンを押せばOKです。


4_紐付け


これで、エックスサーバーに取得したドメインを
追加する事が出来ました!


ドメインをサーバーに追加する事によって、
サイトを表示することが可能になるのですが、
実際にサイトが見れるようになるまでには数時間。
場合によっては2日程度かかるケースが有ります。

少なくとも、5分や10分で表示される事はないので、
少し気長に待ってみましょう。


ただし、2日経過してもサイトが表示されない場合は、
何かしらの問題が起きてる可能性があるので、
契約したサーバーの会社に問い合わせてみて下さいね。

日本語ドメインをサーバーに登録する前に


ただし、
あなたがもし日本語ドメインを取得している場合は、
サーバーに登録する前に一手間をかける必要があります。


それが以下で解説している、

「Punycode表記への変換」

といったものです。


・変更前:http://日本語.com
・変更後:http://xn--wgv71a119e.com


日本語ドメインは、このように英数字に変換しないと
サーバーへ登録することが出来ません。

そこで活用するのが
この「Punycode表記への変換」になる訳です。


もっとも、文字で説明すると分かりにくいと思うので、
実際に画像を使って解説します。


http://punycode.jp/

まずはこちらのサイトにアクセスしてみましょう。


5_日本語ドメイン



するとこのような画面が表示されるので、
検索窓に取得した日本語ドメインを入力します。


6_日本語ドメイン




ここでは「日本語.com」という文字を入力してみました。


7_日本語ドメイン


するとこのような画面が表示されます。


日本語ドメインを活用したサイトを作りたい場合は、
Punycode表記への変換を行った後でないと
サーバーへ登録することが出来ないので、
もし日本語ドメインを活用する場合は、注意して下さいね。

この記事のまとめ


エックスサーバーにドメインを登録する方法と
日本語ドメインのPunycode表記への変換について
理解していただけましたでしょうか。


ドメインは取得しては終わりではなく、
サーバーに登録してはじめて意味があるので
必ずこの作業はするようにして下さいね。

また、日本語ドメインPunycode表記への変換については
初心者のうちはやる機会はあまりないとは思いますが、
今後作業を進めていく中で行う機会もあると思うので、
もし機会があれば、この記事を再読してみて下さい。


それでは、記事をお読みいただき、ありがとうございました。



【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓