スクリーンショット 2016-02-14 14.03.53

こんにちは。まさくんです。


この記事では、
WordPressの記事を投稿する方法について
はじめての方にもわかりやすく画像付きで解説しています。


また、記事を投稿する際に用いる機能である
ビジュアルエディタとテキストエディタの違いについても
同時に詳しくまとめてみました。

WordPressの記事を投稿する2つの方法とは?


WordPressの使い勝手がある程度わかったら、
早速、記事を書いてみましょう。


ダッシュボードの「投稿」→「新規追加」をクリックすると、


1_投稿



以下のページに切り替わります。


スクリーンショット_2016-02-14_19_05_19



記事を作成する欄の右端に
ビジュアル」「テキスト」という項目がありますね。


WordPressには、Wordのように直接文章が書ける
「ビジュアルエディタ」と、HTMLタグが利用できる
「テキストエディタ」の2種類が用意されています。


それぞれについて簡単に解説していきます。

ビジュアルエディタ


まずビジュアルエディタについてですが、
これはWord感覚で記事が作成できるので、
初心者にも使いやすいという特徴があります。


文字を書くとこのような感じになります。


スクリーンショット_2016-02-14_19_20_06



ビジュアルエディタには注意点があって、
アフィリリンクやYouTubeの埋め込みタグを記載しても
正しく反応してくれない
という特徴があります。


アフィリリンクを貼る場合や、
YouTube動画を前提とした記事を書く際は、
ビジュアルではなくテキストエディタを使う形になります。


なお、ビジュアルエディタの機能を拡張するには
TinyMCE Advanced」というプラグインを用いると
記事作成が大幅に捗るので、是非使ってみてくださいね。

テキストエディタ


一方のテキストエディタですが、以下のように
文字装飾タグやリンクタグなどのHTMLタグが
そのまま表示されるという特徴があります。


スクリーンショット_2016-02-14_19_20_32



WordPressを使い始めた方にとっては、
HTMLタグが使いにくく感じるかもしれませんが、
なるべく早い段階でこれらのタグがそのまま表示される
テキストエディタに慣れておきたい
ところです。


アフィリリンクの貼り付けやYouTube動画の設置も
早い段階で違和感なく行えた方がいいので、
最初から頑張って使っていくのもいいと思います。
(実際、僕はそうしてました)


なお、テキストエディタの機能を拡張するには
「Addquicktag」というプラグインを用いる事で
記事作成が大幅に捗る
ので、是非使ってみてくださいね。


作成した記事をブログに投稿する方法は?


話が少し逸れてしまいましたが、
WordPressで作成した記事を投稿する方法についても
画像を用いて解説していきます。



・・と言っても、難しい事は何もなく、
右上の「公開」というボタンを押せばいいだけです。


FireShot_Capture_104_-_新規投稿を追加_‹_アフィリエイト初心者に稼ぐコツを教える__-_http___afmasakun01_com_wp-admin_post-new_php



また、作成した記事がどのように表示されるかを
確認したい際は「プレビュー」のボタンを、
時間がないので後ほど記事の更新したい場合は
下書きとして保存」のボタンをそれぞれ活用します。


あるいは、記事を過去の日付で公開したり、
決まった時間に予約投稿をしたいのであれば、
上から4番目の「すぐに公開する」の右にある
編集」ボタンをクリックする事で可能になります。

この記事のまとめ


WordPressの記事投稿について
ご理解いただけましたでしょうか。


ここでのポイントはやはり、
ビジュアルエディタとテキストエディタの
いずれかを使うべきか
に集約されると思います。


結論からするとテキストエディタ一択なのですが、
HTMLタグにどうしても慣れないのであれば、
ビジュアルエディタを使用しても大丈夫ですよ。

蛍光色など、ビジュアルエディタ特有の機能もありますし
最終的にはどちらも使えるのが理想と言ったところでしょうか。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓