icon-256x256

こんにちは。まさくんです。


この記事では、WordPressプラグインの1つである
EWWW Image Optimizerの設定方法と
その使い方について解説していきます。


EWWW Image Optimizerを活用して
サイトの画像を圧縮する事によって、
サイトの表示速度も上がる効果があるので
なるべく早い段階で導入しておきましょう!

EWWW Image Optimizerの機能とは?


EWWW Image Optimizerを有効化する事によって、
サイト内の画像ファイルのサイズを落とす事が可能になります。


過去にアップロードした画像はもちろんのこと、
WordPressテーマに組み込まれている画像、
そして、新しく取り込んだ画像の自動圧縮も行ってくれるので、
WordPressでブログを作るのであれば、
必ず導入して欲しいプラグインになります。


しかし!

もし、画像ファイルの圧縮を行わないと、
ページを読み込むのに時間がかかってしまい、
サイトを見ている読者さんもイライラして
見ている記事から離脱してしまいます。



また、読み込みが遅いサイトは
検索エンジンからの評価が下がる事もあります。



ですので、サイトの表示速度を一定レベルに保つ事は
サイト運営者にとっては死活問題でもあるんですよね。


サイトの表示速度を保つ方法には色々あるのですが、
この記事では、EWWW Image Optimizerを紹介する事で、
画像ファイルを圧縮する方法を解説しています。

EWWW Image Optimizerの設定方法


それでは、EWWW Image Optimizerの設定方法について
画像を使って1つずつ解説していきます。



EWWW Image Optimizerをインストールして有効化して、
プラグイン」→「Setting」をクリックします。


FireShot_Capture_155_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html



するとこのような画面が表示されます。


FireShot_Capture_156_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html



赤枠で囲った部分に、
4つの設定項目があるのがわかると思います。


・Cloud Settings
・Basic Settings
・Advanced Settings
・Conversion Settings



その設定方法について見ていきましょう。

Cloud Settings


FireShot_Capture_157_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html


まずは一番左の「Cloud Settings」に関してですが、
これは有料オプションなので設定する必要はありません。


この機能は、サーバー管理者向けのサービスで、
自社サーバーでプラグインが稼働する負荷をなくしたいという
需要に答えたものなので、私たちが使うことはまずないでしょう。

Basic Settings


FireShot_Capture_158_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html



続いて「Basic Settings」の解説に移ります。


ここでは「Remove metadata」にチェックを入れましょう。


この項目ですが、画像ファイルに付属することがある
必要のないメモを自動的に削除してくれる機能となります。


画像ファイルに何かしらのメモが付属していると、
その分ファイルサイズが大きくなるので、
この項目には忘れずにチェックを入れておきましょう。

Advanced Settings


FireShot_Capture_163_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html

FireShot_Capture_164_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html



3つ目の「Advanced Settings」について解説します。


一番下にスクロールすると表示される
disable pngout」にチェックを入れます。


この項目は、pngの最適化ツールを無効化するものなのですが、
これを有効にすると色々面倒くさい設定が必要なので、
チェックを入れておきましょう。

Conversion Settings


FireShot_Capture_165_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html



そして最後の「Conversion Settings」について解説します。


一番上の「Hide Conversion Links」にチェックを入れましょう。


この項目にチェックを入れる理由ですが、
EWWW Image Optimizerの機能の1つである
画像の拡張子を自動的に変換する機能を無効化する為です。


これを有効にしていると、画像のクオリティが落ちたり、
拡張子が勝手に変更される事で管理が複雑になるケースがあります。


こうした面倒な手続きを避けるためにも、
この部分にはチェックを入れておきましょう。

EWWW Image Optimizerの使い方


EWWW Image Optimizerの設定が終わった後は
その使い方についても確認してきましょう。


EWWW Image Optimizerの機能ですが、
大きく以下の3つが挙げられます。


・新しくアップロードする画像の自動圧縮
・過去にアップロードした画像の圧縮
・WordPressテーマに組み込まれている画像の圧縮


1つずつ確認していきましょう。

新しくアップロードする画像の自動圧縮


EWWW Image Optimizerを導入する事で、
画像をインストールするごとに、
その画像が自動的に圧縮されるようになります。


画像がどの程度圧縮されたのかを確認したい場合は、
WordPressのダッシュボードにログインして、
メデイア」→「ライブラリ」を選択します。


FireShot_Capture_166_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html


EWWW Image Optimizerをダウンロードした後だと、
右側に「Image Optimizer」という覧が表示されるのですが、
この項目から、圧縮によって減ったファイルサイズの量や
現在のファイルサイズの大きさを確認することが出来ます。

過去にアップロードした画像の圧縮


次は、過去にアップロードした画像を
圧縮する方法について確認していきましょう。


メデイア」→「Bulk Optimize」と選択し、
Start Optimizing」をクリックします。


9__EWWW



すると以下のように圧縮が行われます。


FireShot_Capture_169_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html


圧縮が終了すると、
左上に「finished」という文字が表示されるので、
それが確認できれば完了です。

WordPressテーマに組み込まれている画像の圧縮


そしてこのEWWW Image Optimizerは
WordPressのテーマに組み込まれている画像も
圧縮してくれるという機能があります。


WordPressのテーマには元から
色々な画像が組み込まれているので、
それらもついでに圧縮してしまった方がいいですよね。


やり方ですが、「メデイア」→「Bulk Optimize」と選択し、
少し下の「Scan and optimize」をクリックします。


FireShot_Capture_172_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html



するとこのように、
WordPressテーマに元から組み込まれていた画像を
まとめて圧縮する事ができます。


FireShot_Capture_173_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html




EWWW Image Optimizerの使い方に関する解説は以上です。


過去に挿入した画像と、
WordPressテーマに元から組み込まれていた画像の
2つを圧縮すればいいという事になる訳ですね。



それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓