スクリーンショット 2016-02-20 15.17.30


こんにちは。まさくんです。


この記事では、WordPressプラグインの1つ
Head Cleanerの設定方法について解説していきます。


このプラグインを設定する事によって、
ブログの表示速度が上がる効果があるので、
読者さんに見やすいブログを運営するためにも、
なるべく早い段階で設定をしておきましょう!

Head Cleanerとは?どのような効果があるの?


Head Cleanerを設定する事によって、
WordPressのソースが最適化する効果があります。


このソースが最適化されるとどうなるかですが、
これによってWordPressの表示速度が上がり、
結果として、読者さんが見やすいブログになっていきます。



特に、WordPressブログの中で特に容量が大きい
CSSとJavaScriptの2つを最適化する機能があります。


CSSとJavaScriptの定義について補足しておくと、

・CSS:ブログのデザインやレイアウトを設定する言語
・JavaScript:画像を拡大させたりアニメーション化するための言語



大体このように解釈していただければ大丈夫です。


それでは、Head Cleanerの設定方法について
以下で詳しく解説していきますね。

Head Cleanerの設定方法をわかりやすく解説!


Head Cleanerのインストールと有効化をしたら、
プラグイン」→「設定」をクリックします。


FireShot_Capture_174_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html


すると、詳細な設定画面に切り替わります。


FireShot_Capture_175_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html



この画面にアクセスしたら、一番上の、

CSSとJavaScriptを、サーバ上にキャッシュする

こちらにチェックマークを入れて下さい。




すると更に詳細な設定が表示されます。


FireShot_Capture_182_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html


この画面が表示されたら、
以下の項目にチェックを入れて下さい。


・CSSとJavaScriptを、サーバ上にキャッシュする
・複数のCSSを結合する
・CSSを最適化する
・JavaScriptを小さくする
・内のJavaScriptを、フッタ領域に移動
・メタタグ”canonical”を追加
・メタタグ”generator”を削除
・リンクタグ”RSD”を削除
・リンクタグ”wlwmanifest”を削除




チェックを入れ終えたら一番下までスクロールして、
更新」ボタンをクリックします。


FireShot_Capture_183_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html




完了!」という文字が表示されればOKです。


FireShot_Capture_184_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html



これでHead Cleanerの基本手な設定は完了しました。

定期的にキャッシュファイルを削除しましょう


Head Cleanerの設定自体はこちらで大丈夫なのですが、
このプラグインは、長期間活用していると
キャッシュファイル」という古いファイルが溜まってきて
サーバーの容量を圧迫する可能性が出てきます。


ですので、Head Cleanerをインストールした際は、
定期的にキャッシュファイルを削除する事を忘れないで下さいね。




キャッシュファイルの削除方法ですが、
設定画面の一番下の「キャッシュファイル削除」にある
削除」ボタンを押せばOKです。


FireShot_Capture_185_-_第4章 ホームページ制作編_-_http___inoeita_com_bible_entry4_html


これで溜まった古いファイルを削除することが可能です。


削除する間隔の目安としては、
1ヶ月に1回程度で大丈夫でしょう。





それでは、Head Cleanerの設定方法に関する解説は
これで終了です。

サイトの表示速度を軽くして、
読者さんが読みやすい記事を作っていって下さいね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓