s_スクリーンショット 2016-02-19 11.51.48

こんにちは。まさくんです。


この記事では、サーチコンソールの登録方法と
記事をインデックスさせる方法について解説していきます。


サーチコンソールの利用方法については
はじめてのうちは難しく感じるかもしれませんが、
この記事の通りに進めていただければ大丈夫ですので、
安心して作業を進めてみてくださいね^^


それでは、まずは運営しているサイトを
サーチコンソールに登録する方法について見ていきましょう。

サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法とは?


まずは検索エンジンで「サーチコンソール」と検索し、
一番上に表示されるページをクリックします。



1_search



もしくはこちらのページをクリックしてみて下さい。
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja




場合によっては、Googleアカウントの
入力を求められるケースがあるので、
IDとパスワードを入力してアカウントにログインします。


2_ser



するとこのような画面が表示されます。



3_ser


赤い枠で囲まれた部分にサイトのURLを入力し、
プロパティを追加」ボタンをクリックします。




すると、サイトの所有権を確認する画面が表示されます。


4_ser


サイトの所有権を確認する方法は複数あるのですが、
ここではHTMファイルをお使いのFTPソフト
アップロードする方法を例に挙げて解説します。


なお、FTPソフトの使い方については
上のリンク先をご確認下さい。




上の画像の左にある
このHTML確認ファイル」と書かれた文字をクリックして、
確認用のHTMLファイルをダウンロードします。



すると、パソコンのダウンロード先に
HTMLファイルがダウンロードされています。


5_ser



このファイルをお使いのFTPソフトにアップロードします。

なお、このブログでは「FileZilla」という
FTPソフトを例に挙げて解説しています。




FileZillaなどの、お使いのFTPソフトを起動します。


6_ser


先ほどダウンロードした確認用のHTMLファイルを、
FileZillaのサーバー側のサイトのフォルダに
ドラッグ&ドロップして移動させる
事によって、
確認用HTMLファイルのアップロードが可能となります。



7_ser


ちなみにこの記事ではXサーバーを利用しているので、
アップロード先のサーバー側のサイトのフォルダは
public_html」という名前になっています。




アップロードが終了したらサーチコンソールに戻り、
赤く囲まれた確認用のURLの箇所をクリックします。


8_ser


このような確認用のページが表示されればOKです。



9_ser


これで、確認用のHTMLファイルが
正しくアップロードされたという事になります。




サーチコンソールの画面に戻り「確認」ボタンを押します。


10_ser



すると、サイトの所有権の確認が完了します。



11_ser



続行」ボタンを押してサーチコンソールを開きます。



12_ser


このような管理画面が表示されればOKです。




この画面で、サーチコンソールの様々な機能
利用することが可能になります。


リンク先の利用する際の注意点もあわせて
ご覧になってみて下さいね。

サーチコンソールへ記事をインデックスする方法とは?


また、サーチコンソールへ記事をインデックスさせる事で
その記事や運営されているサイトそのものを
検索結果で上位表示させる確率が上がります。


記事をインデックスさせる方法についても見ていきましょう。



まずは先程のサーチコンソールの管理画面を表示します。


12_ser



左の赤枠で囲った「クロール」をクリックします。



するとこのような画像が表示されるので、
その下の「Fetch as Google」という箇所をクリックします。


14_kizi



するとこのような画面が表示されます。



15_kizi



この画像の真ん中にある入力欄に、
記事ごとに割り当てられるURLを入力して下さい。




16_kizi



取得」ボタンを押すと画面が切り替わるので、
右側の「インデックスに送信」ボタンをクリックします。



17_kizi



するとこのような画面が表示されるので、
ロボットによる入力ではない事を証明した後で
このURLのみをクロールする」にチェックを入れます。


18_kizi



そして、下の「送信」ボタンを押します。




これで、作成した記事がサーチコンソールへ登録されました、


19_kizi





なお、サーチコンソールへの記事の登録は
記事を作成するごとに1つずつ行う必要があります。


記事を作成した後は、
すぐにサーチコンソールの管理画面を開く事になるので、
このページはお気に入りに登録するなどして、
すぐに開ける状態にしておいた方がいいでしょう。




それでは、作成した記事を
サーチコンソールへ登録する方法の解説を終わります。

お疲れ様でした!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓