s_スクリーンショット 2016-02-19 16.18.52

こんにちは。まさくんです。


この記事では、
Google Analytics(グーグルアナリティクス)の
登録方法と基本的な使い方に関して解説していきます。


インターネット上のアクセス解析サービスには
様々なタイプのものがありますが、
このGoogle Analyticsは無料で使えて
しかも高性能であるため非常にオススメです。


それでは、順番に1つずつ確認していきましょう。

Google Analyticsの登録方法について解説!


まずはGoogle Analyticsにアクセスします。

http://www.google.com/intl/ja_ALL/analytics/



1__アナリティクス



Googleアカウントを作成していない場合は、
右上の「アカウント作成」のボタンを押して
専用のアカウントを作成してみて下さい。


4__アナリティクス



アカウントを作成している場合は、
右上の「ログイン」をクリックします。


2__アナリティクス



お持ちのアカウントが複数ある場合は、
このような画面が表示されますので、
お使いになるアカウントを選択します。



右側にある「お申し込み」をクリックします。


3__アナリティクス



すると画面が切り替わりますので、
左上の「ウェブサイト」が選択されているかを確認します。


4__アナリティクス



次に、アカウントの情報を設定します。


5__アナリティクス



それぞれ、以下のように入力してみて下さい。



・アカウント名:
好きな名前を入力してOKです。


・ウェブサイト名:
アクセス解析を設置したいお持ちのサイト名を入力します。


・ウェブサイトのURL:
そのサイトのURLを入力します。

URLが「http://~~.com」であれば、
「http://」を取り除いて、
「~~.com」だけ入力して下さい。


・業種:
そのサイトで扱っているテーマに近いものを選択します。


・レポートのタイムゾーン:
お住まいの国を入力。「日本」の方がほとんどでしょう。




スクロールすると以下の画面が表れます。


6__アナリティクス



データ共有設定」の欄はデフォルトでOKです。




確認したら、一番下にある
トラッキングIDを取得」ボタンを押します。



すると、
Googleアナリティクス利用規約」が表示されますので、
左上で「日本」を選択し、「同意する」をクリックします。


7__アナリティクス




すると、「トラッキングID」の項目が開きます。


8__アナリティクス



これで、Google Analyticsへの申し込みは終了です。



ただし、表示されたトラッキングコードを
サイトに埋め込む作業が残っています。


お使いのサイトやブログの設定に応じて、
コードを埋め込んでみて下さい。



なお、このブログでは、
主にWordPressの使い方を解説してますが、
WordPressにトラッキングコードを直接埋め込むのではなく、
後でテンプレートを変更しても対応できるように、
プラグインを用いてアクセス解析を設定しています。


この部分については、以下の記事をご覧下さい。


→Google Analyticatorの使い方について解説!

Google Analyticsの使い方のコツとは?


トラッキングコードをサイトに埋め込んだら、
アクセス解析のデータが反映されるようになります。

(1日かかる場合があるので少し時間を置いてみて下さい)



ここではGoogle Analyticsの使い方を解説していきます。



Google Analyticsの管理画面にログインすると、
以下の様な画面が表示されます。


FireShot_Capture_276_-_ユーザー_サマリー_-_Google_Analytics__-_https___www_google_com_analytics_web_



この管理画面の使い方のコツとしては、
赤い枠で囲われた「セッション」「ユーザー
ページビュー数」の3箇所の数値を
日々確認していくことが基本になります。


サイトを運営していく毎にこの値は上がっていくので、
モチベーションアップに役立てるのもいいですね。



慣れてきたら、下にスクロールすると表示される
平均セッション時間」「直帰率
新規セッション率」の3つも確認していきます。


FireShot_Capture_277_-_ユーザー_サマリー_-_Google_Analytics__-_https___www_google_com_analytics_web_



まず、平均セッション時間の長さは、
そのサイトの内容や掲載れている記事が
読者さんの役に立っているかを表す指標になります。



次の直帰率は、読者さんがそのサイトの記事を開いて
すぐに離脱する確率がどれ位なのかを表します。


読者さんに役立つサイトを構築するためには、
平均セッション時間の向上と直帰率の改善を
いかに行うかがカギになってきます。



また、新規セッション率に注目する事で、
新規訪問者とリピーターの比率を把握できます。


面白い、役立つサイトはリピート率も高いので、
この値を下げる事も同時に意識してみて下さいね。



FireShot_Capture_278_-_ユーザー_サマリー_-_Google_Analytics__-_https___www_google_com_analytics_web_


そして、管理画面の左側に表示される
集客」→「キャンペーン」をクリックすると、
オーガニック検索」という項目が表示されるので、
そこを押してみて下さい。



FireShot_Capture_280_-_オーガニック検索トラフィック_-_Google_Analytics__-_https___www_google_com_analytics_web_


モザイクが多くて少し分かりにくいかもしれませんが、
この画面は、そのサイトがどのようなキーワードで
検索されているかを表すデータ
となります。



ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのか、
そして、検索上位に表示されるキーワードの背後には
一体どのような読者さんの心理があるのか。



こうした読者さんの思考を把握することで、
今後、サイトをどのように運営するべきか、
どのような記事を更新するべきなのか等の
ヒントが明らかになってきます。



この「オーガニック検索」機能ですが、
サイトを開設してある程度の時間が経ち、
かつ、記事数もある程度溜まってきた段階で
非常に役立ちますので、ぜひ活用して下さいね。

この記事のまとめ


Google Analyticsの登録方法と使い方について
理解していただけましたでしょうか。


他のアクセス解析と比べ、Google Analyticsは
無料かつ高機能で利用することが可能なので、
あなたのサイト運営に、ぜひ役立ててみて下さいね。

登録方法もはじめは難しく感じるかもしれませんが、
この記事で解説した通りに実践していただければ
大丈夫ですので、安心して下さい。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓