s_スクリーンショット 2016-03-07 12.35.43 1

こんにちは。まさくんです。

この記事では、メールアドレスの種類と
その使い分け方について解説していきます。


アフィリエイトを行う際には、
必ずと言っていいほどメールアドレスを使う事になります。


そこで、メールアドレスの種類や
どのように使い分ければいいのかについて
この記事を読んで確認しておきましょう!

メールアドレスにはどのような種類があるの?


メールアドレスは大きく、
以下の3種類に分けられます。


・フリーメールアドレス
・プロバイダメールアドレス
・独自ドメインアドレス



あなたが現在、使っているメールアドレスも
このどれかに該当するはずです。


それぞれについて1つずつ確認していきましょう。

フリーメールアドレス


アフィリエイトをする際最も活用することになるのが、
最初にご紹介するフリーメールアドレスです。


Gmailやヤフーメール、hotmailなどがありますね。


フリーメールアドレスは、GoogleやYahoo!、MSNといった
ウェブブラウザから無料で関係に取得できるので、
他の2つに比べて使用する機会はかなり多い
です。

(中にはこれしか使ってない方もいるかもしれません)


中でもオススメはGmailで、
役に立つ様々な機能が備えられています。


これからアフィリエイトを始める方であれば、
まずはGmailアカウントを1つ取得しておきましょう。


※参照:Gmailアカウントの取得方法



その一方で、Gmailなどのフリーメールアドレスには
いくつかの欠点があります。


・迷惑メールになる事が多い
・メールを送るスピードが遅くなる事もある
・信頼性が劣る面もある
・一部のサイトだと利用できない



フリーメールアドレスのデメリットについても
事前に理解しておいた方がいいでしょう。


フリーメールアドレスは簡単に取得できるので、
悪用されるケースもあり、
結果として迷惑メールに入ってしまう事や
それによって信頼性に劣るケースが生じるからです。



ただ、こうした欠点を差し置いても、
無料で簡単に取得、利用できるのは
大きなメリットである事に変わりはありません。


あなたがアフィリエイトを始めたばかりであれば、
まずはフリーメールアドレス(特にGmail)を
取得してみましょう。

プロバイダメールアドレス


2つ目にご紹介するのがプロバイダメールアドレスです。


niftyやSo-net、BIGLOBEといったプロバイダを
契約した際に同時に取得できるアドレスの事です。


プロバイダメールアドレスの長所としては、
フリーメールアドレスアドレスに比べて信頼性がある事や、
迷惑メール対策などのセキュリティが施されている点、
メールを送る際の遅延が少ないこと
が挙げられます。



その一方で、@nifty.comといったドメインは
あくまでプロバイダのものなので、
一度そのプロバイダを解約してしまうと、
アドレスも利用不可になるという重大な欠点があります。


また、プロバイダメールアドレスの中には、
セキュリティ対策がオプションとなっているサービスもあるので、
あなたがこれからプロバイダを契約する際には、
こうした点もチェックしておいた方がいいかもしれません。



実際のところ、プロバイダメールアドレスを
アフィリエイトで使用する事はあまりありません。

(僕もアフィリエイトでプロバイダメールを使った事はありません)


基本的にはフリーメールアドレス使い、
まれに独自ドメインアドレスを使っていくと言う
スタイルで十分なんじゃないかなと思いますね。

独自ドメインアドレス


そして3つ目の独自ドメインアドレスですが、
これは文字通り、
独自ドメインを取得したら使えるアドレスの事です。


info@afmasakun01.com ←こちらも独自ドメインアドレスです。


独自ドメインアドレスはドメインを取得しなければ使えないので、
利用するにはある程度の費用がかかるのが欠点です。


その一方で、迷惑メールに入りにくいというメリットや、
顧客の信頼やブランド構築に繋がるといった点も見逃せません。


もしあなたが、
こうした情報発信をメインにするブログを運営される際は、
この独自ドメインアドレスをメインに活用する事によって、
読者さんからの信頼を勝ち取るケースもあるかもしれません。

アフィリエイトにおけるメールアドレスの3つの使い分け方法とは?


ここまでで3種類のメールアドレスについてご紹介してきましたが、
ここでは「アフィリエイトにおけるメールアドレスの3つの使い分け方法
というテーマで解説していきたいと思います。


あなたがこれからアフィリエイトを行う場合、
最低でも3つのメールアドレスを取得して、
それをこちらの3つに応じて使い分けてください。


・サービス登録用アドレス
・メルマガ購読用アドレス
・メインアドレス



それぞれを具体的に詳しく見ていきましょう。

サービス登録用アドレス


1つ目のサービス登録用アドレスですが、
これはASPなどのサービスに登録する際に活用するアドレスをを指します。


他にも、レンタルサーバーを契約したり、
独自ドメイン取得サービスを利用する際に
このメールアドレスを活用していきます。


メルマガを発行している方であれば、
配信スタンドを配信する際にこのアドレスを使いますね。

メルマガ購読用アドレス


2つ目のメルマガ購読用アドレスですが、
こちらは、こうした情報発信ブログのメールアドレスや
無料レポートをダウンロードする際に活用します。


言い方は悪いですが、
いわゆる

捨てアド

の事だと思って大丈夫です。



この「メルマガ購読用アドレス」ですが、
更に細かく分けてもいいかもしれません。


・信頼できる情報発信者のメルマガや無料レポート用のアドレス
・悪質(そう)な情報発信者のメルマガや無料レポート用のアドレス


僕はこんな感じでメルマガ購読用アドレスを分けています。



情報発信者の中にはスパムメールばかり送ってきたり、
あるいはアドレスを売買している業者も少なくありません。


こうした業者に自分のメインアドレスを渡すと、
メールボックスが滅茶苦茶になるので、
くれぐれも注意するようにしましょう。

メインアドレス


そして最後がメインアドレスです。


メインアドレスの使い道としては以下の例が挙げられます。


・お気に入りの発信者さんのメルマガを登録する際に使う
・読者さんとのやり取りの際に使う
・メルマガ配信の際に使う
・問い合わせの際に使う



要するに、

常にチェックしておく重要なメールのみを
扱うアドレス
だと思っていただいて構いません。



また、2つ目と3つ目については、
読者さんとの関係に応じて、
更に使い分けるのもいいと思います。


例えば、自分から情報商材を購入してくれたり、
あるいは主催する企画に入って下さった方専用のアドレスを別に用意して、
常にチェックしておく状態にするといった使い道があります。


発信者さんの中には、
自分と濃い関係を築いた読者さんのみに送るメルマガを
作成する方もいらっしゃいますね。



メインアドレスは独自ドメインアドレスを使う方が多いですが、
はじめのうちはフリーメールアドレスを活用しても構いません。


ただ、運営しているサイトが強くなったり、
あるいは情報発信をメインに活動していく場合は、
早い段階で独自ドメインアドレスに切り替えた方がいいでしょう。

この記事のまとめ


メールアドレスの種類と、
それぞれの使い分け方法について
ご理解いただけましたか?


もう一度、内容をおさらいしてみると、
メールアドレスには以下の3種類があり

・フリーメールアドレス
・プロバイダメールアドレス
・独自ドメインアドレス



それぞれ以下のように使い分けていく事になります。

・サービス登録用アドレス
・メルマガ購読用アドレス
・メインアドレス



基本的にはフリーメールアドレスを利用して、
強くなったサイトや情報発信用サイトを運営する際に、
独自ドメインアドレスを活用すればいいのかなと思います。


それでは、今回はこの辺で失礼します。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓