oranges-1117628_640


こんにちは。まさくんです。

突然ですが、
君の文章は読んでもイメージ出来ないね
・・といった事を言われた経験はありませんか?


せっかく頑張って文章や記事を作成したとしても、
その内容が相手の頭のなかでイメージ出来ない場合、
今までの努力が無駄になってしまうケースは少なくありません。


そこでこの記事では、
イメージできる文章の書き方」といったテーマについて
これだけは意識しておきたいというポイントをまとめてみました。

読み手の五感を刺激することを意識する


読み手が頭の中でイメージできる文章。

こうした文章を作成する上で1番のポイントになるのは、
読み手の五感を刺激する」という事です。


五感とは、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚という5つの感覚のこと。


人はこの五感を利用して、
目の前にあるものに関する情報を取り入れています。


そして、この五感に訴える単語や文を上手く取りれていく事で、
文章の内容を読み手にイメージさせるという効果が期待できます。


例えば、このような文章があるとします。


これは甘くて美味しいことで知られる和歌山産のみかんです。


この文章に見られる五感を刺激する要素は、


・甘くて美味しい:味覚


これくらいでしょうか。


一方、こちらはどうでしょう。


石積みの段々畑で育ったジューシーな食感で知られる和歌山産の有田みかん。
少し香りが強めなたっぷりの果汁が今にも手元にこぼれ落ちそうです。



・石積みの段々畑:視覚
・ジューシーな食感:味覚
・少し香りが強め:嗅覚
・手元にこぼれ落ちそう:触覚



このように、五感を刺激しそうな単語や文章が
文章全体に上手く組み込まれているのがわかります。


そして、この2つの文章のうち、
どちらがイメージしやすい文章かについては、
言うまでも無く後者であると思います。


ちなみにこれら五感の中で、
私たちが一番使っているのは「視覚」です。


視覚によって得た情報は記憶に残りやすいので、
もし、五感のうちどれを刺激するか迷った場合は、
まずは視覚を刺激できる言葉がないかを考えてみましょう。


感情的な言葉を文章に取り入れていこう


こうした五感を刺激する感情的な言葉を用いる事を前提に、
上手な文章」「わかりやすい文章」を作成していく事によって、
読み手があなたの文章から感じるイメージはより鮮明なものになる筈です。


既に書いた文章や記事があれば、
感情的な言葉に言い換えられる箇所がないか考えてみましょう。


例えば「コスト」を「成功するための投資」と言い換えるなど。


また、感情的な言葉を文章に取り入れていく事によって、
論理的な文章にありがちな「堅苦しさ」「無機質さ」を
ある程度改善することも可能になります。



論理的な文章は、心に残りにくいという特徴があります。


例えば国会の演説。


衆議院や参議院で国会議員が話している演説が、
心に残ったという経験をされた事がある方は
かなり少ないのではないでしょうか。


その一方で、感情的な言葉「だけ」を用いると、
読み手を無視した、独りよがりな文章になってしまい
結果として伝えたい事が伝わらなく可能性があります。


この点だけは、くれぐれも気を付けて下さい。

ある言葉を類義語で言い換えられないか検討する


この記事で解説した事をより抽象的に述べると、
ある言葉を類義語で言い換えられないか検討する
という事になります。


その具体例として、
既に書いた文章の中に五感を刺激できる言葉があれば、
その言葉に言い換える、というものが挙げられます。


ただ、もし感情的な言葉が思い付かなければ、
その言葉を似たような言葉で言い換えられないかを
一度検討してみて下さい。



「失敗した」を「成功に近づいた」と言い換えたり、
「騙されやすい」を「ピュアな」と述べる事は
日常会話の中でもしばしばあるのではないかと思います。


また、言い換えたい言葉の類義語を調べてみるのもいいでしょう。


人は言われた事をすぐに忘れてしまう生き物ですが、
何度も同じことを言われると記憶に残る習性があります。


結果として、頭のなかにイメージが残る事になっていきます。

この記事のまとめ


イメージできる文章の書き方について、
五感を刺激するというテクニックを中心にご紹介しました。


五感とは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の5つの事で、
中でもはじめの視覚を引き起こす事が
イメージを引き起こす際に最も効果があります。


また、五感を刺激するような感情的な言葉が思い付かなければ、
その言葉の類義語を調べるなどして、
別の言葉で言い換えられないかを検討してみて下さい。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓