human-723999_640


こんにちは。まさくんです。

この記事では、
「記事の書き出し(冒頭文)の作り方
について解説していきます。


今までは書き出し(冒頭文)を適当に作ってきたけど、
「このままではいかん!」と思っているあなたに向けて、
書き出し(冒頭文)を作成する際に最低限抑えておくべき事と
4つの具体的なテクニックについてまとめてみました。



書き出し(冒頭文)を作成する際に心がけるべき事とは?


記事の書き出し(冒頭文)を作る前に心がけるべき事。


それは、読者さんはその記事で扱うテーマについて、
既にある程度の興味、関心を抱いている点を把握する
ことです。



ですので、私たちは読者さんが抱いている興味、関心を
より掻き立てる書き出し(冒頭文)を作成する必要がある。


これが、記事の書き出し(冒頭文)を作成する際に
必ず心に留めておく事になります。



よく、
記事の書き出し(冒頭文)では訪問者の興味を引きましょう!
といった説明が見られますが、

実際には読者さんの「興味、関心を引く」のではなく、
「興味、関心をより増幅させる」と言った方が正しい
です。


数字のイメージとしては、「0を1にする」のではなく、
「1を10にする」と言った方が適切な表現になると思います。



書き出し(冒頭文)の作成のコツは、訪問者の興味、関心を引くのではなく、
その興味、関心をいかに掻き立てるのかにかかってくる。


まずはこの点を認識されて下さい。

検索エンジンの記事における訪問者の状況は?


もしあなたが検索エンジン向けの記事を作成する場合は、
上の訪問者の心理は、必ず押さえておくべき必要があります。



検索エンジン経由で記事を訪れる人の特徴として、
「何かしらの情報を得たいと考えている」といった点が挙げられます。


結婚式 マナー」を用いて検索してくる人であれば、
結婚式に出席する際に注意すべきマナーを知りたい・・・など。



つまり、検索エンジン経由の訪問者は、
既に何かしらの事柄に興味、関心を抱いている人たちと言えます。


では、彼らの興味、関心をどこから読み解けばいいのかと言うと、
訪問者が利用する「キーワード」にそのヒントがあります。


※参照:キーワード選定をわかりやすく解説


「記事 書き出し 作り方」というキーワードを使う人は、
記事の書き出し(冒頭文)の作り方を知りたいと推測できますよね?


そうした読者の心理を踏まえて、
いかにその興味、関心を掻き立てる書き出し(冒頭文)が作成できるか。


記事の書き出し(冒頭文)を作成される前に、
一度、この点についてしっかり考えてみて下さい!

記事の書き出し(冒頭文)の4つの作成テクニックについて


では、記事の書き出し(冒頭文)はどのように書けばいいのでしょう。


ここでは、その4つの作成テクニックをご紹介します。

呼びかけ


「そこのあなた!」と呼びかける形です。

書き出し(冒頭文)が自分の興味、関心に引っかかる読者は、
つい、その記事の続きを読みたくなってしまいます。


キーワードが「読書感想文 書けない」の場合、

読書感想文が書けない…そんな事でお悩みのあなた。

などと書くといいですね。

代弁


読者の気持ちをこちらが代弁する方法です。

同じ気持ちを抱いている読者は、つい続きを読みたくなってしまいます。


キーワードが「株式投資 何から」の場合だと、

株式投資って難しそうで、
何から始めればいいかいまいちピンと来ないですよね。



という風に、読者の気持ちに理解を示す冒頭文を作成します。

共感


読者の気持ちに共感する、理解を示す方法です。


キーワードが「首周り 太い」の場合は、以下の通りです。

最近首周りが太くなってきて、気がついたらいつも首に手が伸びてしまう…


首周りが太くなって悩んでいる人であれば、
つい気になって、その記事を読み進めてしまいます。

利点


この記事に書かれてある事を実践すると得られる利点について、
書き出し(冒頭文)の段階から述べてしまうパターンです。


キーワードが「文章 見直し コツ」の場合は以下のとおり。


文章を書き終えた後にどう見直せばいいかわからない?
そのコツを解説します!



ちなみにその方法についてはこちらの記事で解説しています。笑

※参照:記事の見直し方法について解説!

よかったらあわせてご覧になってみて下さい。



・・・いかがでしょうか?


記事の書き出し(冒頭文)の作成テクニックは他にも沢山ありますが、
まずはこの4つの中から、使いやすいものを選んで実践してみましょう。


また、記事の書き出し(冒頭文)の作成テクニックとは別に、
記事の内容がイメージできる画像があれば、
冒頭部分に貼り付けるのもオススメです。


なぜなら、記事の内容を事前にイメージさせる事で
読者さんの興味、関心を掻き立てる事によって、
訪問者がよりその記事を読んでみようと思ってくれるから
ですね。


以下の記事も参考にしてみて下さい。


※参照:イメージできる文章の書き方と五感を刺激する方法について!

この記事のまとめ


いかがでしょうか?

記事の書き出し(冒頭文)の作り方について
事前に認識していただきたい事やその作成テクニックなど
様々なことをご紹介してきました。


書き出し(冒頭文)を上手く作るコツとしては、
読者さんが用いるキーワードから彼らの興味、関心を想像して、
それらを掻き立てる文章を書くことを意識すること。


そして、その前提を理解した上で、
「呼びかけ」「代弁」「共感」「利点」などのテクニックを活用すると、
訪問者の興味、関心をより掻き立てる書き出し(冒頭文)の出来上がりです。


ぜひ、参考にしてみて下さいね。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓