seagull-1049553_640


こんにちは。まさくんです。


この記事では、
読み手が文章に対して抱く3つの心理とその突破方法
といったテーマについて解説していきます。


この記事に書かれてある事は、
文章や記事を作成する人にとっては必須事項になりますので、
必ずその内容を押さえるようにして下さいね。




読み手が文章に対して抱く「3つの心理」とは?


あなたが文章やブログ記事の作成を通して、
読んでくれる人に何らかの行動を取らせたい場合、
以下の「読み手が文章に抱く3つの心理」を理解する必要があります。


それがこちら。


・文章を読み進めてみようという興味、関心が沸かない
・文章に書かれてある内容が共感、信用できない
・文章に書かれてある事を実践する気が起きない



この3つのポイントを認識しておかないと、
読み手に何らかの行動を取らせるどころか、


「この文章うさんくさいなー、信用できないなー」
「この記事つまんなさそうだから読むのやめよっ」



このような事を思われてしまい、その瞬間、

あなたの文章や記事は読み「捨て」られてしまいます。


せっかく頑張って作った文章や記事が読み捨てられるのは悲惨ですので、
この3つの読み手が文章に抱く心理の突破方法について
しっかりと学んでいきましょう。

文章を読み進めて貰うために心掛けるべき3つのポイント


まずはじめに、
文章を読み進めてみようという興味、関心が沸かない
という読み手の心理の突破方法について解説します。


読者さんに文章や記事を読んでもらう為のテクニックには、
書ききれない程、数多くの方法があるのですが、
ここでは以下の3つに絞って解説します。


①読者の興味、関心を掻き立てる
②書き出しにおける4つのテクニックを利用する
③イメージ画像を用いて五感を刺激する



それぞれについて簡単に見ていきましょう。

読者の興味、関心を掻き立てる


まず、冒頭部分で、作成した文章や記事の
読者さんが抱いている興味、関心を掻き立てる事が重要です。


あなたが作成した記事や文章を読む前の読者さんとしては、
何かしらの興味、関心があって、
その記事や文章を読み進めている事がほとんどです。


ですので、こうした読者が抱いている興味や関心を
より増幅させる工夫を用いる事によって、
「文章を読み進めてもらう」という心理を突破する事が可能になります。


※参照:読み手を飽きさせないブログ記事を作成する際の大原則とは?

興味、関心を掻き立てるテクニックを書き出しで利用する


こうした読者さんの興味や関心をより掻き立てるには、
以下の4つのテクニックを書き出しで使うとより効果的です。


・読者に呼びかける
・読者の気持ちを代弁する
・読者の気持ちに共感する、理解を示す
・この記事を読む事で得られるメリットを冒頭から示す



この4つの中で、あなたが使えそうなテクニックがあれば、
記事のはじめの方にこれらを盛り込む事によって、
読者さんの興味、関心をより膨らませる事が可能になります。

※参照:記事の書き出しはどう書くの?冒頭文の作り方を解説!

イメージ画像を用いて五感を刺激する


また、記事の内容がイメージできる画像を冒頭に用いるのも
読者さんの興味、関心を掻き立てる事に繋がるケースがあります。


特にその画像が読み手の五感を刺激するものである場合、
読み手はその文章や記事の内容を自然とイメージする事で、
文章や記事の続きをつい読んでしまいます。


ただし、その記事や文章から受けるイメージは人によって異なるので、
効果がない場合や、かえって逆効果になる可能性もあるため、
この点については注意が必要です。


※参照:イメージできる文章の書き方と五感を刺激する方法について!

文章内容に対する共感、信用を勝ち取るために


2つ目に解説するのは、
文章に書かれてある内容が共感、信用できない
という読み手の心理の突破方法について解説します。


文章、記事の内容を読者さんに信じてもらうテクニックについても、
上と同様、数多くの方法があります。


ここでは、その中で優先して覚えて欲しい内容をご紹介します。


①こちらの主張に対して、相手が納得できる理由を添える
②様々な言葉、情報を与えて繰り返し説明する
③自身を持って文章を書く



こちらも簡単に見てみましょう。

こちらの主張に対して、相手が納得できる理由を添える


読み手に何かしらの行動を起こさせる文章や記事に共通しているのは、
その中に、読者さんがこちらの主張に対して
納得できる程の理由、根拠が含まれている事です。


これはあなたも実生活でも経験があるかと思うのですが、
自分の主義主張ばかりを主張する人の言う事に共感、信用を感じる人は、
余程のことがない限りいないのではないでしょうか。


逆に、主張内容がいい加減なものだとしても、
理由を添えていく事によって、
本来いい加減だった主張がなぜか説得力のあるものに
感られてしまう事は珍しくありません。


ちなみに、自分の主張に対する理由の添え方については
こちらのPREP法の記事をご覧になってみて下さい。

様々な言葉、情報を与えて繰り返し説明する


読み手の共感、信用を勝ち取るために大切な事として、
様々言葉、情報を与えて繰り返し說明するという事が挙げられます。


特に、あなたが読み手に何らかの行動を起こして欲しい場合は、
その行動がいかに読み手にとってメリットがある事なのかを
デメリットも含め、様々な視点から投げかける必要があります。



例え読者さんがあなたの主張について懐疑的であったとしても、
何度も同じ事を説明、解説する事によって、
その人が持つ、あなたの主張に対する共感度が上がる事は
決して珍しい事ではありません。

自身を持って文章を書く


これはテクニックではなく心構えの面が大きいのですが、
自信を持って書かれた文章や記事からは、
妙な説得力が生まれる事があります。


自信を持って物事を主張する人、断言する人。

あなたの身の回りにはこうした人が1人や2人はいると思います。


イメージとしては、こうした人の口調を文字に起こしていく感じです。


また、自信を持った文章や記事を書きたいのであれば、
その文章の内容に関する下調べをきちんと行ったり、
あるいは断定口調を意識して使う事も効果がある方法です。

※参照:断定口調を使う理由とその注意点


文章に書かれてある事を実践してもらう為に


最後に、読者さんが
文章や記事で書いた事を実践してもらう為のコツについて
ご紹介します。


それがこちら。


①読み手に取って欲しい行動を記載する
②行動する事によるメリット、しない事によるデメリットに触れる



上の段階で、読み手の興味、関心を掻き立て、
かつ文章の内容に共感、信用して貰えることが出来ていれば、
文章に書かれてある事を実践してもらう事については
そこまで難しくはありません。



ただ、以下で解説するポイントについては
最低限のチェックはしておきましょう。

読み手に取って欲しい行動を記載する


まず最低限やって欲しい事は、
読み手に取って欲しい行動を明確に記載する事です。


・お申し込みはこちらをクリック。
・お問い合わせはこちらのフリーダイヤルへ。
・週に2〜3回は運動する習慣を身に付けましょう



このように、取って欲しいアクションを具体的に記載する事で、
読者さんがアクションを起こす確率が上がる可能性があります。


逆に、「言いたい事は分かるけど、具体的に何をすればいいの?
といった事を読者さんに感じさせてしまう文章や記事は、
やはりどこか不親切なのではないかと思います。


記事の「結論」と「目的」を混同しない点についても気を付けて下さいね。

行動するメリット、しない事によるデメリットに触れる


また、その行動を起こす事によって得られるメリットや、
「今」アクションを起こさない事によるデメリットについても
同時に記載するというテクニックもあります。


スーパーや通販などで使われている
「今日だけ半額!」「残り3つとなりました…」という謳い文句は
「今行動しない事によるデメリット」を活用した恰好な具体的ですね。


一方、アクションを起こす事によって得られるメリットについては、
その行動の結果、どれだけ素敵な未来が待っているのか
といった事をなるべく多く記載することによって、
読者さんが書かれてある内容を実践する確率は上がります。


このメリット、デメリットについて触れるテクニックは
使い過ぎると胡散臭さが出る事があるので注意が必要なのですが、
程よく使うことで、読者さんを行動させる「スパイス」にもなりますよ。

この記事のまとめ


読み手が文章に対して抱く3つの心理とその突破方法というテーマの
概要についてご紹介してきました。


その内容は、以下の3点になります。


①文章を読み進めてみようという興味、関心が沸かない
②文章に書かれてある内容が共感、信用できない
③文章に書かれてある事を実践する気が起きない



なお、この記事で解説した考え方やテクニックは
必要以上に使い過ぎると胡散臭い文章になる可能性があるので、
「ここでメリットを書くと説得力が増すかも!?」という風に
必要な場面で必要な範囲のものを使うだけでOKです。


とは言え、ここで書かれたことを意識しながら記事を書くと
かなり説得力のある文章に仕上がる事が期待できますので、
この記事を逐一見ながら、記事作成を進めていって下さいね。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓