book-419589_640


こんにちは。まさくんです。

今回は、
ブログ記事を物語調にする書き方
といったテーマについて解説していきます。


ブログ記事を執筆する仕事をしていると、
物語を書きたい・・!けど書き方がわからない…
といった事を、あなたも思われた事があるのではないでしょうか?


そこで、ブログ記事を物語調にする書き方について、
僕が学んできた事を初心者の方にもわかりやすくご紹介します。

ブログ記事を物語調にするには3つの構成をマスターする


ブログ記事などの文章を物語調にする方法ですが、
あなたがまだ物語、ストーリーを書き慣れていないのであれば、
以下の3つの構成を意識して書くのがオススメです。


・序盤:場面の設定、主人公の設定、問題の設定
・中盤:商品、ノウハウ、メンターの登場、主人公の変化
・終盤:スッキリする結末とその後日談



えっ、たった3つだけでいいの?

もしかしたらこのように思われるかもしれませんが、
個人的な経験からすると、物語に関する方を色々詰め込むよりも、
まずはこの3つを意識して書く練習を積み重ねていった方が
「物語を書く感覚」といったものが掴めるのではないかと思います。


そして、基本的な書き方にある程度慣れた段階で、
物語、ストーリーの型を学び直して
より多くの人に共感される物語を書いていく。


あなたがブログ記事を物語調で書きたいのであれば、
この流れを踏んで練習を積んでいく事をオススメします。

ブログ記事を物語調にするための具体的な書き方について


では、ブログ記事を物語調にする為の3つの構成について、
要点と簡単な具体例を踏まえながら解説していきます。


まずは序盤から。


この段階では、物語の場面やその登場人物、
そして、物語の主人公に振りかかる問題を書いていきます。



まずは物語の場面を設定します。


・時間、時代はいつなのか
・登場人物がいる場所はどこなのか
・その場所は屋内なのか屋外なのか
・場の雰囲気はどんな感じなのか



といった場面を、
読者の五感を刺激する感覚的な言葉をうまく用いて説明します。

※参照:イメージできる文章の書き方と五感を刺激する方法について!



トンネルを抜けるとそこは雪国だった
という川端康成の表現はその代表例ですね。



また、登場人物、特に主人公や語り手についても触れましょう。


性別は?
年齢は?
趣味は?
登場人物同士の関係は?
口ぐせやキャッチフレーズは?



こういった事を、
あなたのブログの読者が共感出来るかを意識しながら
設定してみるのが大切です。



そして3つ目に発生した問題についても言及します。


これはあなたのブログ記事のテーマや、
描く物語の内容によって大きく変わります。


例えば、サザエさんやドラえもんといった日常を描く事が多いアニメでは、
身近なトラブルが問題になる事が多い傾向にあります。


逆に、マリオやドラゴンクエストと言ったゲームでは
「登場人物がさらわれる」「街が襲われる」と言った
非日常的な出来事を問題として設定する必要があります。


自分自身が、一体どのような物語を描きたいのか、
結論をどの辺りに持っていきたいかを意識しながら、
物語がスムーズに展開できる問題を設定することを心掛けるようにしましょう。

中盤では問題解決の「手段」と、その「変化」に触れる


続いて物語の中盤の書き方について解説します。


この段階では、序盤に発生した
問題を解決するための何かしらの手段を用意する必要があります。


例えば、あなたが料理に関するブログを書いているのであれば、
自分が以前作成した、とっておきの秘蔵のレシピを
「問題を解決するための手段」として設定するのもいいでしょう。


また、あなたがブログ記事で商品を紹介するのであれば、
その商品をドラえもんの道具のような立ち位置にする事で、
登場人物がその商品を利用する事によって、
問題を解決するまでの過程を描いていくのもオススメです。


こうした何かしらのノウハウや道具、商品以外には、
「登場人物」を問題解決の手段として設定するのも有効です。


今までどのようなダイエットノウハウを試しても失敗し続けた主人公が、
ダイエットジムのパーソナルトレーナーと出会った事によって…
といった展開も面白いかもしれません。



そして、主人公がこうしたノウハウと出会った事によって、
抱えている問題を解決するなどの「変化」を書きます。


この変化は、物語を書く過程で最も重要なパートなので、
主人公がどのように変わったのかを出来るだけ丁寧に描きます。


主人公が成長、変化していく過程を描くのもオススメです。

読者さんが読み応えを感じるような結論で締める


そして最後に結論についてお話します。


物語の終盤では、
主人公が、抱えた問題を解決して
いかにハッピーになったかについて言及します。


コツとしては、ブログ記事の読者さんが
スッキリするような終わり方にするのがポイントです。


仮に「悲劇」「バッドエンド」を描く場合でも、
読者さんが「読み応えがあった」「大切な教訓を得られた」
といった事を思えるような終わり方にするようにして下さい。



また、その「後日談」を書くのもオススメです。


例えば、寝たきりだったおばあちゃんが
とある健康食品を食べた事によって
みるみるうちに元気になったとします。


そして、その後日談として、
孫と楽しそうに遊んでいる姿を描くといったように、
「変化」に「後日談」を加える事によって、
読み手が抱く記事の読後感がグッと上がる効果が得られます。


仮にこうした後日談を使わないとしても、
何かしらの工夫、テクニックを活用して、
物語を上手く締めることを意識してみましょう!

この記事のまとめ


ブログ記事を物語調にする書き方について
理解していただけましたでしょうか。


いつも書いている記事を物語調にする事は
初めのうちは難しく感じるかもしれませんが、
まずは以下の3つの構成を意識して書いてみましょう。


・序盤:場面の設定、主人公の設定、問題の設定
・中盤:商品、ノウハウ、メンターの登場、主人公の変化
・終盤:スッキリする結末とその後日談




書き慣れていくうちにコツがわかってくるので、
その段階になってはじめて、ストーリーの型などを
より深く学んでいくのがオススメです。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓