こんにちは。まさくんです。


今回は、ブログの読者さんから

The Million Writingと扇動マーケティングの違いって何ですか?
初心者はどちらを買った方がいいんですか?


といった質問をいただいたので、

その回答を、こちらの記事でシェアしていきたいと思います。

The Million Writingは初心者にもおすすめ


FireShot_Capture_99_-_this_Copyrighting_-_http___copyrighting-supremeprinciple_net_01_top_html


まずはThe Million Writingから。


ご存知かもしれませんが、The Million Writingは
コピーライティングやセールスレターを作成する
ノウハウが書かれた教材
です。


それに加え、上手な文章の書き方や
人間心理に対する洞察などを事細かに解説している
のが
その特徴として挙げられるでしょうか。



後、注目するべきなのは何よりもその価格。


わずか3,980円で、
コピーライティングやセールスレター作成に関する
ありとあらゆるノウハウを学ぶことが出来る。



The Million Writingのセールスレターには
情報業界においての価格破壊
というコピーが書かれてますが、


FireShot_Capture_101_-_this_Copyrighting_-_http___copyrighting-supremeprinciple_net_01_top_html


これは、本当にその通りだと思いますね(笑)


こうした点を踏まえると、
The Million Writingは中上級者はもちろんのこと、
これからアフィリエイトを始める初心者の方も
比較的、手を出しやすい商材だと思いますよ。


また、以下のレビュー記事では、
The Million Writingの欠点を補足する特典を付けて
この商材について詳しくご紹介しています。

※参照:宇崎恵吾のThe Million Writing(ミリオンライティング)の内容、評価は?

販売を学びたければ扇動マーケティング


FireShot_Capture_98_-_sendo_-_http___afr9_net_sendou_letter_

一方の扇動マーケティングですが、
こちらは販売、セールスのノウハウについて
詳しくまとめてある商材です。


コピーライティングの要素も含まれてはいるのですが、
どちらかと言えば、商品を販売する前に、
いかにそれを欲しくさせるかという

価値観の誘導

に重きを置いた商材ではないかと感じますね。


内容は若干抽象的ですが、その反面、
対面営業や普段のコミュニケーションの場でも
応用が効くノウハウ
だと、実際に利用して感じました。


その一方で、
商品のレビュー記事やセールスレターの作成においては
そこまで役には立たないと思います。

この点については、
The Million Writingの方がよりおすすめ。


扇動マーケティングが使える場面としては、
メルマガライティングがまず挙げられると思います。

情報商材、あるいはあなた自身の独自商品を
メルマガを通して販売していくのであれば、
扇動マーケティングは買って損はないと思います。


その一方で、価格は3万円と少し高めですね。

価格以上の価値はある商材だとは思うのですが、
初心者がいきなりこれを買えばいいかというと、
個人的に、その必要はないと思っています。


どちらかと言えば、中級者向けのノウハウですね。


あるいはこれからメルマガを始める人向けか。


学び、気付きは非常に沢山ある商材なので、
まだお持ちでない方は、
この機会に購入されてはいかがでしょうか。

※参照:扇動マーケティングの詳細はこちら

The Million Writingと扇動マーケティングの比較まとめ


という訳で今回は、

・The Million Writing
・扇動マーケティング


この2つの商材についての比較記事を書いてみました。


もう一度、それぞれの特徴をまとめると・・・


The Million Writing
コピーライティングやセールスレター作成のノウハウ
価格は3,980円と、非常にお買い得
中上級者はもちろん、初心者にもおすすめ



扇動マーケティング
セールス、販売に特化したノウハウ
メルマガアフィリエイト実践者におすすめ
価格は3万円と高め、初心者はそこまで必要ないかも



といった所でしょうか。


という訳で、初心者の方は
The Million Writingを購入した方がいいと思います。

↓↓のページに、詳細なレビューと、
リサーチ、ターゲッティングに特化した特典を付けているので
興味があればついでにご覧になってみて下さい。


※参照:宇崎恵吾のThe Million Writing(ミリオンライティング)の内容、評価は?