s_fountain-pen-442066_640

こんばんは。まさくんです。


今回は「コピーライティングの罠」
これについて解説していきます。


アフィリエイトで使う文章のことを、
よく「コピーライティング」と言ったりして、
それに関する色々なテクニックが
話題になったりしますよね。

ただ、こうしたテクニックを使う前に
大切になってくる2つのスキルがあるのですが
それは一体何なのでしょうか。


少しでも気になったら、
以下の記事を読み進めてみて下さい。


コピーライティング「スキル」と「テクニック」は違う?

そもそも
「コピーライティング」とは何なのか。


まずはこれを明確にしておきましょう。



コピーライティングは、しばしば、

「ネットで物やサービスを売る際の文章を書くテクニック」
こう言われる事があります。


もちろんこれが間違ってる訳ではありません。



そして、
コピーライティングという言葉を聞くと、


・色々な仕掛けやテクニックがある

・コピーライティングを極めれば
 アフィリエイトで必ず成功できる



多くの人が、こういった事を連想します。



・学ぶのがメンドクサイ、難しそう


まあ、
中にはこういう方もいるでしょうが…笑



そして、
このようなコピーライティングに関する思い込みも
勿論、間違ってはいません。


間違っている訳ではないのですが、
これらはあくまで、
コピーライティング「テクニック」
に過ぎません。


色々なテクニックを詰め込む前に
理解するべき大前提がある訳です。


そして、この事を理解せずに
ただテクニックだけを追い求めてしまうと、
文章が何だか変になってしまう事になるんですよね。


これがいわゆる
「コピーライティングの罠」に
陥ったという事になるわけです。


「○○テクニックを使って、
この商品を売り込んでやろう!」

こんな発想になる訳ですね。


「コピーライティングの罠」に陥らない為の大前提


そこであなたに問いかけを。


この「コピーライティングの罠」に陥らない為に
必ず心掛けておく2つの大前提とは
一体、何だと思いますか?




ちょっと考えてみて下さい。




・・・考えてみましたか?




それでは解説を。





僕は、
「コピーライティング」という言葉には
3つの意味合いが含まれてると思っています。


1つ目は先ほどお話した。
「ネットで物やサービスを売る際の文章を書くテクニック」
この点ですね。


そしてここからが大切です。


先ほどの僕の問いかけについて考えた方だけ
以下をスクロールしていって下さい。




「コピーライティング」に含まれた2つの意味。




それは、


「見込み客とのコミュニケーションを円滑にするスキル」

「自分が紹介する商品の価値を正しく伝えるためのスキル」



この2つです。



この2つの「スキル」こそが、
コピーライティング「テクニック」を学ぶ前に
まず理解しておくべき「大前提」となる訳ですね。


より詳しく見ていきましょう。


見込み客とのコミュニケーションを円滑にするスキルである


コピーライティングという言葉には、
「見込み客とのコミュニケーションを円滑にするスキル」
こういった意味も含まれているんですよね。


見込み客をはじめ、
自分がコミュニケーションを取ろうとする、
全ての人の気持ちを考えた文章を
書いていくという事です。



その為には、


・自分の見込み客はどのような人達なのか
・彼らの悩み、または欲してるものは何か

この2つは知っておく必要がありますよね。



ちなみに、こうした「リサーチ」は、
紹介する商品やサービスの成約率を上げるために、
不可欠になってくるものなんですよね。

基本、リサーチをすればするだけ
成約率は上がります。


ただその分、時間もかかるので
後はその兼ね合いをどう考えるかが
ポイントになってくる訳ですね。


また、リサーチの他にも、
相手が読みやすい文章を書くことも
同時に意識しておかなければいけません。


例えばこんな文章。


今回は「コピーライティングの罠」これについて解説していきます。アフィリエイトの文章のことを、よく「コピーライティング」と言いますが、実際にこれを使う前に大切になってくる事が3つあるんですよね。それは一体何なのか。少しでも気になったら、以下の記事を読み進めてみて下さい。



これはこの記事の一番始めをコピペしたものですが、
…これ、凄く読みづらくないですか?笑



相手の事を考えてるのであれば、
こうした「改行を意識しない文章」は
決して書けないはずです。



今回は「コピーライティングの罠」
これについて解説していきます。

アフィリエイトの文章のことを、
よく「コピーライティング」と言いますが、
実際にこれを使う前に大切になってくる事が
3つあるんですよね。

それは一体何なのか。

少しでも気になったら、
以下の記事を読み進めてみて下さい。



普通、こうなりますよね?



後、他には
「行間を意識する」
これも大切です。


今回は「コピーライティングの罠」
これについて解説していきます。
アフィリエイトの文章のことを、
よく「コピーライティング」と言いますが、
実際にこれを使う前に大切になってくる事が
3つあるんですよね。
それは一体何なのか。
少しでも気になったら、
以下の記事を読み進めてみて下さい。



これは行間を意識せずに書いた文章ですが、
これを意識した上の文章の方が
読みやすいと思いませんか?



他にも、
「見込み客とのコミュニケーションを円滑にするスキル」


この意味をより突き詰めていくのであれば、
例えば「メールマナーをきちんとする」事も
相手とのコミュニケーションを円滑にする為に
不可欠になってきますよね。


例えばメールマナーがこれに当たります。



まさくんさん

はじめまして。○○と申します。

今回は△△の件で
メールを送らせて頂きました。





お伝えしたい事は以上です。

最後までお読み頂き
誠にありがとうございました。

失礼致します。

○○



・挨拶をする。
→はじめまして。○○と申します。

・要件を簡潔に伝える
→今回は△△の件でメールを送らせて頂きました。

・読んでくれた事へのお礼を言う
→最後までお読み頂き誠にありがとうございました。



この辺りは特に意識したい所です。


メールマナー1つを取っても、
「この人は成功するんだろうな」
なんて事が結構分かるものです。


変に、
コピーライティング「テクニック」に走る前に
まずは、自分の文章の受け手の事を考えた文章を
作成する事を心掛けたい所です。

自分が紹介する商品の価値を正しく伝えるためのスキルである

この視点も大切です。


コピーライティングは、
自分が紹介する商品やサービスの価値を
見込み客に正確に伝えるスキルでもある訳です。


・その商品、サービスがどのようなものなのか
・どのような立場の人をターゲットとしているのか
・似たような商品と比べて何が優れているのか
・それらを使う事で、見込み客はどう変わるのか
・利用者の声、評判はどのようなものなのか



こうした事をきちんと伝えるという姿勢を、
コピーライティング「テクニック」を変に学ぶ前に
まずは押さえておきたい所です。



そしてこれは裏を返すと、
「見込み客を欺かない」
こう言い換える事も出来ます。


本来、1万円の価値しかない商品、サービスを
「これは10万円の価値がある素晴らしい商品です!」

このように、本来の価値をねじ曲げたり、
変に煽ったりしてはいけないという事です。


本来あるべき価値をねじ曲げたり、
変に煽ったりした場合、
短期的には、あなたの売上は
上がるかもしれません。


しかしそれは長くは続かないでしょう。


その先に残るのは、
「詐欺師」の称号だけです。


最愛、お縄にかかる事もあるかもしれません。



ですので、変にテクニックを突き詰める前に、
まずは紹介する商品、サービスの本来の価値を
正しく伝えていく必要があるという事に
なるという訳ですね。


まとめ:コピーライティングの罠とは


この記事では、
「コピーライティングの罠」をテーマに、
コピーライティングという言葉の意味について
いろいろとお話してきました。


・ネットで物やサービスを売る際の文章を書くテクニック

・見込み客とのコミュニケーションを円滑にするスキル

・自分が紹介する商品の価値を正しく伝えるためのスキル


この3つの事でしたよね。


「コピーライティング」という言葉を聞くと、
つい始めの「テクニック」に目がいきがちですが
それよりも下2つの「スキル」の方を
まずはきちんと固めようというお話でした。


こうした土台ができて始めて
テクニックが活きるのだと考えて下さいね。

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓