s_books-676425_640


こんにちは。まさくんです。


この記事では、
アフィリエイトやコピーライティングを
理解、実践する上で重要になってくる
リサーチについて解説していきます。


このリサーチに、
どれだけの時間を費やす事が出来るかが
反応が取れるコピーを書くための
秘訣と言っても過言ではありません。


それでは、見ていきましょう!


コピーライティングの前にリサーチを


コピーライティングにおけるリサーチ。


そもそも何故、
リサーチを行う必要があるのかを
この記事をご覧のあなたは答えられますか?


答えは1つしかありません。

あなたが書いたコピーによって、
見込み客やユーザーの反応を上げる為ですよね。


あなたが、自分が紹介する商品やサービス
あるいは情報商材をアフィリエイトする際に
事前にどれだけリサーチを行ってるかで、
その成約率は大きく変わってきます。


リサーチに時間を費やすだけ、
あなたの商品の見込み客が
どのような言葉に反応するかが
自然と分かるようになるものです。

この1つの事実を取っても、
コピーライティングにおいてリサーチが
どれだけ大切なのかについては
理華出来るのではないでしょうか。


もっとも、リサーチに力を入れ過ぎる余り、
作業に取りかからないのは本末転倒です。
この点だけは気をつけて下さいね。


そして、この「リサーチ」は、
トレンドアフィリエイトやTwitter集客でも
決して怠ってはいけない事になります。


例えば、
あなたがこのように思ったとしましょう。


トレンドアフィリエイトをやってて、
何かしらの商品を紹介してる訳じゃないから
リサーチはしなくてもいいかな?



もしあなたがこう思っているのであれば、
それはかなり危ないです。


自分が書こうとする記事の内容を、
事前に調べるのも「リサーチ」ですよね?


単に大手ニュースサイトだけしか見ないのでは、
ライバルには勝てないと思う位の
心構えが欲しい所です。

2ちゃんねるやSNSの書き込み、
あるいはコンビニで売られてる雑誌なども
出来ればチェックしておいた方がいいですね。



Twitterで集客を行う際も同様です。


ツイートは適当に書けば大丈夫だよね


こう思っている場合も、かなり危ないです。


Twitterで自分が紹介する商品やサービス、
あるいは誘導先のページについて
どれだけ把握してるか、リサーチしてるかが
あなたが作成するツイートに
そのまま現れてくると思った方がいいです。


自分が誘導したいページについて
理解すればするだけ、
URLをクリックしてくれるフォロワーは
増えてくるものなんですよね。


「リサーチって何すればいいですか?」に対する答え


でもまさくんさん、リサーチって
具体的に何を調べればいいんですか?



このような疑問を抱くのも、もっともです。


なので次はこれについて解説していきます。


コピーライティングにおけるリサーチ。

具体的に何をすればいいかですが、
次の2つの事を調べてみて下さい。


・自分が紹介する商品のリサーチ
・見込み客に対するリサーチ


この二点になります。


1つずつ具体的に見ていきましょう。


自分がアフィリエイトする商品のリサーチ


まず1つ目は、商品やサービス
あるいは情報商材に対するリサーチです。


トレンドアフィリエイトなら
作成する記事のメインテーマ。

Twitterで集客を行うのであれば、
誘導先のページと言い換えられますね。


そしてあなたが、
自分が紹介する商品など関して
どの程度客観的に理解しているかによって
見込み客からの反応が取れる文書を書けるかが
決まってくると言っても過言ではありません。


・自分が扱う商品はどのようなものなのか
・その商品で見込み客の何を満たせるのか
・利用者の評判はどのようなものなのか
・自身で実際に使っててみてどう感じたのか
・なぜ、この商品を見込み客にすすめたいのか



こうした事を、
出来るだけ多く調べてみて下さい。


商材アフィリはともかく、
物販アフィリをする場合でも
出来るだけその商品を使ってみたり
あるいは取り寄せてみたりしましょう。


その商品を使った事がある人のコピーと
そうではない人のコピーの反応率や成約率は
非常に大きな差が出ると考えて下さい。


少なくとも、扱う商品の内容を知らずに
成約率を上げる事はほぼ不可能です。

せめてこれだけは覚えておいて下さい。


ちなみに、商品をどう選ぶかについては
こちらの記事を一度読んでみて下さいね。

アフィリエイトの商品選びのコツ。儲かる売筋商品の選び方とは。


ターゲット、見込み客に対するリサーチ


又、実際にコピーを書き始める前に
どのような見込み客に対して商品を紹介するか
これについてもよくよく考えてみて下さい。


いわゆる「ターゲティング」の事ですね。


・見込み客がどのような悩みを抱えているのか
・自分が紹介する商品で彼らの何を満たせるのか

この2つは必ず確認しておきましょう。



他にも、


・ターゲットのリテラシー、知的水準は高いか
・見込み客と実際にコミュニケーションを取れないか
・彼らが使っている言葉、雑誌、ウェブサイトは何か


こうした事も考えてみるといいかもしれません。



特に、4つ目の
「見込み客と実際にコミュニケーションを取れないか」
これは、この中でも特に試してみて欲しい点です。



僕のように、メルマガで返信を促したり、
あるいはお問い合わせフォームの設置など
見込み客とやり取りする方法は
探せば結構あるものです。


他には、SNS上のコミュニティとか
あるいは身近な人にインタビューしてみるとか…。



このように、見込み客と対話をする中で、
彼らが何に困っているのかや、
どうすればそれを解決出来るかが
見えてくる場合があるものです。


これが見えた状態でコピーを書いた方が、
反応率や成約率は圧倒的に上がるのは
言うまでもないでしょう。


まとめ:コピーライティングにおけるリサーチの重要性


この記事では、
あなたが実際にコピーを書いていく前に、
必ず行っておきたい「リサーチ」について
なるべく簡潔にお話してきました。


リサーチに力を入れれば入れる程、
見込み客からの反応が取れるコピーが
書けるようになってくるんでしたよね。


また、具体的に何をするかですが

「自分が紹介する商品のリサーチ」
「見込み客に対するリサーチ」
この2つについても解説してきました。


その一方で、リサーチに力を入れる余り
肝心なコピーを書いていく作業時間が
無くなるのは本末転倒になってしまいます。


そこだけは気を付けて下さいねという事は
最後に、お伝えしておきますね。

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓