s_customer-563967_640



こんにちは。まさくんです。


アフィリエイトを実践している中で
商品選定やキーワード選定と同じくらい
大切になってくるスキルが、
この記事の内容である「ターゲティング」です。


このターゲティングは、
ブログで以前触れたコピーライティングと
密接な関係にあります。


あなたのターゲティングスキルが
高いのであれば、紹介する商品の魅力が
よりターゲットに伝わるコピーを
書くことにも繋がってきます。


それでは、ターゲティングのコツはあるのか。


この記事では3つの考え方を紹介します。



ターゲット層を狭く取る vs 広く取る


まず考えて欲しいのは、
幅広い層から成約を取るのか、
それともある特定の層のみから
成約を取っていくのかという事です。


例えば、あなたがダイエットのノウハウを
アフィリエイトするとしましょう。


この時、あなたはどのような層に
このノウハウを紹介するのかを
一度、考えてみて下さい。



「とにかく痩せたいと思ってる人に売ろう!」


いやいや、これじゃ抽象的すぎますよ。



「ダイエット」と一言でいっても、
そのノウハウが対象しているターゲット層は
「痩せたい人」だけではないですよね。



もう少し具体的に分けてみます。


・ターゲットは男性と女性どちらなのか
・肥満を改善したいのか、体型を維持したいのか
・ダイエットの方法はどのようなものか



思いつく例をサッとあげてみましたが、
ダイエットのノウハウを1つ売るだけでも、
そのターゲットは幅広い層が
考えられるものなんですよね。



ちなみに、あなたが初心者であれば、
ターゲティングはより具体的に
設定することをおすすめします。


まずは特定の層から確実に
成約を勝ち取っていく所から
始めていくという事ですね。



又、ターゲットが具体的である程、
成約の取れるコピーは書きやすくなってきます。


そして、慣れてくるにしたがって、
ターゲティングを徐々に広くしていく…


個人的には、この流れをおすすめしてます。



「マイナスからゼロ」か「ゼロからプラス」か


次に考えて欲しいのは、
あなたがアフィリエイトする商品が、
以下の2つのどちらに該当するのかという事です。


①マイナスの状態を解消するものか
・例:ターゲットの悩みや不安を解決する商品
・商材:アフィリエイトディスカバリー



②現状にプラスな影響を与えるものか
・例:ターゲットに娯楽や成長をもたらす商品
・商材:新世界アフィリエイト




そして、あなたがターゲットとする層が、


「自分のマイナスな状態を解決したい」
「自分にプラスな影響を与えたい」


このどちらの状態なのかについても、
考える必要が生じてきます。



例えば、あなたがアフィリエイトの情報商材を
アフィリエイトするとしましょう。


「アフィリエイトの情報商材」
これも色々なものがありますよね。


全く稼げない人に対して、
月5万円を稼ぐ方法を教えるものもあるし、


既にある程度の結果が出てる人に対して
より大きな収入を得るヒントを与える
情報商材もありますよね。



例えば、同じメルマガアフィリエイト教材でも、
アフィリエイトディスカバリーは前者に、
新世界アフィリエイトは後者に
それぞれ該当するのかなという気がします。
(あくまで個人的な見解です)


そして勿論、
ターゲットがどちらに該当するかによって、
あなたが書くべきコピーも変わってくる訳です。


ちなみに、前者に該当する情報商材には
「30日後には5万円の報酬!」
「全額返金保証!特典もたくさん付けてます!」
こうした”具体的な事”が書かれていることが多いです。
(アフィリエイトディスカバリーのレターより)


一方、後者に該当する商材には
「この教材を無理に買う必要はありません」
「お金を稼ぐ事はそんなに甘くはありません」
こうした”見てる人を突き放すコピー”が、
書かれてあることも珍しくありません。
(新世界アフィリエイトのレターより)



試しに、この2つの商材のレターを
読み返してみて下さい。


この記事を読んだ上でレターを見てみると、
きっと新しい気付きや発見がありますよ。



そして、反応や成約率が取りやすかったり
あるいは初心者がまず狙っていきたいのは、
ターゲットのマイナスな状態を解決する商品の
コピーを書いていく方になるわけです。


こちらの商品の場合、
ターゲットはどうしても絞られてくるのですが、
その分反応や成約率は上がりやすいんですよね。


最後に、ある程度慣れてきた段階で、
ターゲットの現状にプラスな影響を与える
商品の紹介やコピーにも挑戦していけば
いいんじゃないかと思います。


ターゲティングではなく理念を押し出すやり方とは


他には、あえてターゲティングを
定めないという方向性もあります。


「えっ、それじゃ何すればいいの…?」


そこでかわりに紹介するのは、
その商品やサービスを”何故買うべきか”という
「理念」を前面に押し出す考え方です。

あなたが紹介する商品やサービスを購入して、
そして実際に使ってみた先にある
素晴らしい未来を強調するという方法ですね。


又、情報商材系のアフィリエイターだと、
その人自身が提示する理念や世界観を
打ち出していく方向性もアリでしょう。

この理念を押し出すやり方の場合、
ターゲティングを考える必要が無くなります。


あくまで、あなたが提示する理念に
いかに多くの人が共感してくれるかが
大切になってくる訳です。



この方法の長所は、
その理念に共感してくれた人と
長期的な関係が構築しやすいということ。


「ファン化」を促しやすいとも
言い換えられるでしょうか。


上2つの「お悩み解決系」の場合だと、
その悩みが解決したお客さんは、
あなたの元を離れていくというデメリットがあります。


その点、この理念を押し出すやり方は
一度成功さえすれば、買ってくれたお客さんを
リピーターにし易いやり方なんですよね。


一度ではなく、二度も三度も、
あなたがお勧めする商品を買ってくれる…。


これを積み重ねる事で、
あなたのビジネスは非常に安定するはずです。



ただし、多くの人が共感するような理念を
提示することは容易ではありません。


特にアフィリエイト初心者が
はじめの段階からこうした理念を
構築するのはかなり難しいでしょう。


では、こうした理念を
構築するための具体的な方法ですが、
まずは日々の作業を進める中で、
あなたが提示したい理念や世界観が何なのかを
ひたすら考えるクセを持つという事です。


そして、何かしらのキーワードが浮かんだら
すかさずメモを取って下さい。


キーワードを何個もメモして、
時おり見返すことで、
「このキーワードとこのキーワードは
何だか繋がってるな〜」


こう思うことが出来たらしめたもの。


これらの気付きが、あなた独自の理念を
生み出すキッカケになるかもしれません。


ちなみに、この「アイデア発想法」については
以下の記事も読んでみて下さい。


アフィリエイトの記事のネタ探しに役立つ3つのアイデア発想法とは?



又、自分1人で考えるのではなく、
様々な人とやり取りする中で
理念を見つけるという方法もあります。


・その人たちが今、何に悩んでいるのか。
・今の社会、業界は何が問題なのか
・それに対して自分は何ができるのか

こうした事を考え続けることで、
ふとしたアイデアが閃いたりするものです。


特に、あなたの商品とは全く関係のない
人と雑談することによって、
今まで考えてもみなかったアイデアが
突然浮かぶこともあるんですよね。


いわゆる「ノンカスタマーに聞け」という事が、
ビジネスの世界では
しばしば言われたりもします。


後、こちらの記事も読んでみて下さいね。


コピーライティングやアフィリエイトにおけるリサーチの重要性


成約や反応が取れるコピーを書ことは勿論、
こうしたリサーチは、あなたが社会や業界に対して
どのような理念を提示していけばいいかを探る
何よりおすすめな方法だという事も
最後にお伝えしておきます。


まとめ:アフィリエイトにおけるターゲティング


この記事では、アフィリエイトにおける
ターゲティングの3つの考え方について
解説してきました。


ターゲット層を広く取るか狭く取るか、


あるいは、ターゲットの状態が、
「マイナスからゼロ」「ゼロからプラス」
このどちらに該当するかによって、
反応が取りやすいコピーの書きやすさが変わる
こうした話をしてきました。


又、ターゲットを絞るのではなく、
商品やサービス、あるいは自らが提示する
理念を前面に押し出していくという
やり方についても触れましたよね。


この記事が、
あなたがアフィリエイトする際の
何かしらの参考になれば嬉しいです。

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓