s_girl-511883_640


「ワンパーソンの法則」


この法則は、コピーライティングを学ぶ際に
必ず押さえて欲しい言葉です。


ワンパーソンの法則の意味や使い方について
この記事で確認していきましょう!

「ワンパーソンの法則」の意味を解説!


「ワンパーソンの法則」


言葉自体を聞いたことがない場合であっても、
この言葉がどういった意味なのかは
何となく分かるかもしれませんね。



これは、あなたが書いているコピーや文章は
誰か1人(=ワンパーソン)に向けて書くべきだという
コピーライティングの法則のことです。


例えば、上の文章で、
さり気なく「あなた」という言葉が使われてますが、
これこそが「ワンパーソンの法則」の具体例です。


主語を「あなた」「~さん」という代名詞にすることで、
「皆さん」などの不特定多数を表す言葉を使うよりも
高い反応率が得られる効果があるんですよね。



逆に、「皆さん」という言葉が使われてる広告は、
特定の誰か1人(ワンパーソン)へ向けて
書かれたものではないという事になります。


「皆さん」などの、ある集団に対して呼びかける言葉を
コピーの中で使った場合、そのコピーからの反応は
この不特定多数を表す言葉を使うだけで
実にあっさりと下がってしまうものです。


少なくともあなたが誰か1人と会話をする際に、
「皆さん」という言葉は
まず使わないと思います。


「~さん」と呼びかけるのが普通でしょうし、
お互いの立場によっては名字や名前、
あだ名を使って会話をする場合もあるでしょう。


「あなた」という言葉も、
奥さんが旦那さんを呼びかける際には
使われる事もあるかもしれませんね。



ですので、あなたがコピーを作成する際は、
必ず「あなた」などの特定の1人(=ワンパーソン)に向けた
コピーを書いていくようにして下さい・・、

といったのが、このワンパーソンの法則の
簡単な解説になります。


それでは、実際にコピーを書く際に
このワンパーソンの法則をどのように使うべきなのか。

以下で見ていきましょう。


ワンパーソンの法則の使い方とは。



次は、このワンパーソンの法則を、
実際にコピーや文章を書いていく中で
どのように使っていけばいいのかについて解説します。


まず、あなたが必ず意識すべきなのは、
あなたが書くコピーのターゲットとなる人の気持ちを
徹底的に考えること。

読み手1人に、どこまで寄り添えるかという事です。


ターゲットとなる人の気持ちを思い浮かべれば、

「その人がどのような事に悩み苦しんでいるのか」
「どのような望み、願望を抱いているのか」
「どういった言葉をかけて欲しいのか」

こうした事が、何となくわかってくるものです。


特に、実際にコピーを書く前に
しっかりとリサーチを行っていれば、

「悩み苦しんでること」
「抱いている願望」
「かけて欲しい言葉」

この3つを思い浮かべる事は難しくはないはずです。



ただし、こうしたターゲット像が
イメージできない場合もあるでしょう。


リサーチが十分に出来ない場合などですね。


その場合は、あなたが大切にしている人を思い浮かべて
コピーを書いていくことをお勧めします。


・親、子供
・恋人、夫or妻
・友人

例えばこのような人達でしょうか。


そしてその次は、
あなたが大切にしているこうした人々が、
自分のターゲットと同じ悩みを抱えていたり
又は同じような願望を抱いていると想定してみて下さい。


その際には、あなたがアフィリエイトする商品やサービスで
彼らの悩みを解決したり、願望を実現できると仮定し、
そうした商品やサービスを彼らの購入して貰うために
どのような言葉をかけるべきかを考えてみましょう。



実際にコピーを書く際に気を付けるべきなのは、
あなたが彼らと会話する際に使っている言葉を使うこと。


いつも通りのテンションや言い回しで
文章をを書いて下さいということですね。


少なくとも、「禁断の」「現金製造機」といった
セールスレターやLPではよく見るけど、
普段の会話ではほとんど発していない言葉は
間違っても使えないはずです(笑)


あなたが紹介する商品のターゲットや
自分の大切な人のことを気遣うような気持ちで
コピーを書いていくこと。


上で紹介した「ワンパーソンの法則」の意味と、
ターゲットのする相手を気遣うという気持ちを持つことで
あなたが書いていくコピーの反応率は、
今後、間違いなく変わってくるはずですよ。


まとめ:ワンパーソンの法則の意味と使い方について


「ワンパーソンの法則」

その意味や使い方について理解して頂けたでしょうか。


不特定多数の人に向けた文章を書くのではなく、
誰か1人(=ワンパーソン)に向けたコピーを
書くべきであるという意味でしたよね。


又、この「ワンパーソン」をイメージする際には、
あなたが紹介する商品のターゲットや、
自分が大切にしている1人のことを
思い浮かべる意識を持っていて下さい。


このワンパーソンの法則の意味を理解し、
読み手1人に向けたコピーを書くという意識を持てば、
あなたのコピーの反応率は、
間違いなく徐々に上がっていくでしょう。



記事をご覧いただき、
ありがとうございました。

アフィリエイトで「第二の人生」をスタートできた男の物語

僕はアフィリエイトで毎日40~50万の安定収入を稼いでおり、
とある手法で年間400万円ほどの売上を叩き出した事があります。

・・・と言っても、クソ怪しいですよね。

おそらく、昔の僕だったら怪しいww誰が騙されるんだよwww
と間違いなく思っていたでしょう。

ですが、これは紛れもない事実なのです。

僕は持病や学生時代の就職活動に失敗した
典型的な落ちこぼれ、社会不適合者で、
一時は引きこもりニート生活を送ったこともありました。

しかし、アフィリエイトを実践したことがきっかけで、
現在は企業へWebマーケティングのアドバイスが出来るようにもなり、
自分に対して自信を持てるようになりました。

こうした経験から、今がどんなに苦しい状況であっても、
日々やるべき事を継続すれば人は変われると僕は確信しております。

典型的な落ちこぼれだった僕がどのようにして
稼げるようになり、自信を取り戻せるようになったのか。
その過程は以下の記事からどうぞ。
⇒まさくんが第2の人生を歩み出すまでの物語はコチラ



メルマガも↓↓から登録できます。
現在、月7桁稼ぐトップアフィリエイター直伝のキーワード選定マニュアルや、
期間限定skypeコンサル(1時間相当、初回無料)を特典に付けているので、
ぜひ積極的に利用してみて下さい。

⇒社会不適合者でも成功できる「正しいアフィリエイトの姿」を配信中