ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)について考察してみた

こんにちは。まさくんです。


ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)


言葉そのものは聞いた事がある方は多いと思いますが、
「そこまで詳しく理解してるわけじゃないんだよねー」
こう思われている場合も少なくないと思います。


そこでこの記事では、
ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)
について、分かりやすくまとめてみました。



ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)とは?


ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)とは、
キーワードを「寿命」で分類したときに使われる言葉で、
毎年、ある決まった時期に
アクセスがグンと伸びるキーワードのことを表しています。


例えば、この画像をご覧ください。


スクリーンショット 2015-07-28 0.22.14


これはgoodkeywordというサイトに、
「クリスマス」というキーワードを入力した結果なのですが、
2014年12月に、検索数がかなり伸びてるのがわかりますよね。


又、伸びているのは「2014年の12月」のみではなく、
「毎年の12月」に、
必ずアクセス数が急増してることも同時にわかります。


スクリーンショット 2015-07-28 0.22.33


例えばこんな感じです。


2013年の12月にも、かなりのアクセスを集めてますね。


こうした、クリスマスなどのある一時期に注目度が高まる話題、
具体的には「季節」「行事」「イベント」などに関連するキーワードが、
このミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)に
該当することが多いですね。



それぞれの具体例を挙げると、


・季節:夏休みの自由研究、お盆休み関連のネタ、紅葉
・行事:クリスマス、お正月、敬老の日
・イベント:夏の甲子園、AKBの総選挙、グラミー賞



このようなものが挙げられるでしょうか。



なお、「ミドルレンジキーワード」と「ミックスレンジキーワード」は
全く同じ意味だと捉えて頂いて大丈夫です。


アフィリエイターさんによって、
どちらを使うのかが異なってくることがあるので、
念のため、この記事では2つの表記を同時に用いています。


ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)のメリット、デメリット


それでは、
このミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)には
一体どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。


ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)の
メリット、デメリットですが、↓↓で解説している
ショートレンジキーワード」「ロングレンジキーワード」の
メリット、デメリットをまず把握しておく必要があります。


⇨キーワードの寿命について。ショートレンジとロングレンジとは?


この2つのキーワードも、
ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)と同じ
「寿命」によってキーワードを分類した際の言葉です。


詳しくはリンク先を見てみて下さい。


さて、肝心のミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)の
メリット、デメリットですが、


メリット

・ある特定の時期になると、アクセスが増加する
⇨あらかじめ書き留めておくことが可能
・翌年も、ほぼ100%アクセスを呼ぶことが可能
・このキーワードを使った記事を1年間書き続けていけば、
 ほったらかしでアクセスが集まるブログを構築できる
 (その結果、自動で報酬を稼ぐことが可能)


デメリット

・アクセスが集まる時期が過ぎると、アクセスが来なくなる
・自動でアクセスが集まる状態を実現するには、かなりの忍耐力が必要


このような点が挙げられるかと思います。


要はショートレンジキーワードとロングレンジキーワードの
長所と短所をごちゃまぜにしたと言えるかと思います。


・ショートレンジの長所
⇨ある特定の時期にアクセスが急増する

・ショートレンジの短所
⇨その時期を過ぎると、アクセス数は減少する

・ロングレンジの長所
⇨ほったらかしでアクセスを集めるブログを構築できる

・ロングレンジの短所
⇨ほったらかしの状態を実現するには、かなりの忍耐力が必要



こんな感じになりますね。

ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)の考察


それでは、
このミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)は
実際のところ、どのように使っていけばいいのでしょうか。


そこで最後に、主にトレンドアフィリエイトを実践していて
まだ結果が出ていない方を対象に
このキーワードの使い方などを考察していきます。


もしあなたが、


トレンドアフィリエイト初心者だ
つい最近サイトを立ち上げたんです


こうしたケースに該当するのであれば、
ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)は
たまに“使う程度で大丈夫です。


特に、長期的に稼げる「資産ブログ」を作っていきたいのであれば、
基本的にはロングレンジキーワードを使って記事を更新していって下さい。



そして、記事数が150記事、または2000~3000PVを越えたあたりから、
徐々にミドルレンジキーワードを取り入れた記事を更新することで
大量のアクセスを集めることで、
そのサイトの記事全般のアクセスを底上げするといった方針で
サイトを運営していくといいでしょう。


これは何故かと言うと、
ある一つの記事に大量のアクセスが集まる事がキッカケとなり、
他の記事が検索エンジンの上位に表示されるといった事が
しばしば起こってくるからです。


「今までは1000PV以下⇨アクセスの爆発!⇨2000PVをキープ」
「2000PV⇨爆発⇨5000PV」



こうした事がおこってくると考えて下さい。



これ以外にもう一つ知っておきたいことは、
季節や行事、イベントネタは「年号」を使うことによって
ショートレンジキーワードに変化するということです。


例えば、


自由研究 おすすめ 2015


こうした複合キーワードがあげられます。


この「自由研究 おすすめ 2015」という複合キーワードですが、
今現在、多くの検索数を集めているキーワードですが、
果たして来年にも検索されるでしょうか…?


おそらく、


自由研究 おすすめ 2016


このような複合キーワードに取って代わられるでしょう。



しかし、こうした年号を含んだ複合キーワードは、
該当する年号の時期に、
多くのアクセス数を集めやすいのも事実です。


個人的に、こうした年号を含んだ複合キーワードを
使うことはあまり好きではないのですが、
「こうした選択肢もある」という事は
知っておいて損はないと思いますよ。


こうした年号を含んだ複合キーワードを上手く使うことで、
月収10万円という壁を越えれる可能性もあるでしょうし。




以上、
ミドルレンジキーワード(ミックスレンジキーワード)に
ついてのお話でした。


まさくん



P.S
質問や疑問点があれば、↓↓にコメントをお願いします!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です