パーマリンク設定を行う理由とカスタム構造と数字ベースの違いとは?

s_スクリーンショット 2016-02-21 12.07.54

こんにちは。まさくんです。


この記事では、パーマリンクについて
初心者の方でもわかりやすく解説していきます。


あなたがWordPressでブログを作成する場合、
このパーマリンク設定は早い段階で行うべきものです。


しかし、正確な知識がないまま設定を行うと、
後で色々な問題が出てくるのも事実。


この記事で、パーマリンクの概要を把握して、
ブログの初期設定を問題なく終わらせて下さいね。

パーマリンクとは?


そもそもパーマリンクとは何なのかと言うと、
ブログの個別ページごとに割り当てられるURLのことです。


例えば、当ブログと、
この記事のURLはそれぞれ、


・ブログ:https://afmasakun01.com
・記事:https://afmasakun01.com/3042.html

こちらになります。



後者の記事のURLには、
その末尾に「3042.html」という文字が加えられてますが、
この個別ページごとに割り当てられたURLが
いわゆる「パーマリンク」と呼ばれるものになります。


パーマリンクの設定をより良いものにする事で、
SEO対策における効果があります。


また、このパーマリンク設定は、
WordPressでブログを開設したら
ただちに行う必要があります。


なぜパーマリンクの設定を行う必要があるのか?


では、なぜこのパーマリンクの設定を
わざわざ行わなければいけないのでしょうか。


パーマリンク設定を行う理由について見ていきましょう。


あなたがWordPressでブログを開設される場合、
記事のURLは以下のように表示されます。


「https://afmasakun01.com/?p=5


末尾が「/?p=●●」という形になっていますね。


実はここが盲点で、
URLの中に「?」や「=」が含まれているものを
動的URL」と言うのですが、
こうした記号が含まれているURLは
SEO上好ましくないと言われています。



一方、この記事のURLである


「https://afmasakun01.com/3042.html」


こちらには「?」や「=」などの記号が
含まれていませんよね。



こうしたURLを、上の動的URLに対して
静的URL」と呼ぶ事があります。


つまり、URLを動的から静的に
変更する必要がある訳ですね。



WordPressでブログを作った段階だと、
パーマリンクが「/?p=●●」の状態のままなので、
静的URLになる状態に変える必要がある。


これが、WordPressの初期設定で
パーマリンク設定を行う理由になります。

パーマリンク設定の注意点とは?


また、パーマリンクを設定する際には
必ず守って欲しい注意点があります。


それは、一度設定したパーマリンクは
決して変更してはいけない
という事です。



パーマリンクを変更する事によって、
以下の2つのデメリットがあります。



まず、一度設定したパーマリンクを変更すると、
過去記事のURLが上手く表示されない事があります。


この記事のURLがもし、

「https://afmasakun01.com/?p=3042


こちらであった場合、
パーマリンクを変更すると

「https://afmasakun01.com/3042.html


こうしたURLになる訳ですが、


もし、サイトの内部リンクを以前のURLのままにしていると、
リンクの設定をいちいち変更する必要があるので、
非常に面倒な手続きを踏まなければいけません。



そしてここからが重要です。



一度設定したパーマリンクを変えると、
検索エンジンの記事に対する評価が
全て消失
してしまいます。


つまり、SEO対策上非常によくない訳です。



作成したばかりのサイトならまだしも、
100記事、200記事と溜まってきたサイトの場合、
パーマリンクを変更したことがキッカケになって、
アクセス数が激減するということは珍しくありません。


ですので、一度設定したパーマリンクを変更するのは
絶対に避けてくださいね。

パーマリンク設定のやり方とおすすめの設定方法


では、SEO対策を行う上で
最も適したパーマリンク設定を行うには
一体どうすればいいのでしょうか。



パーマリンク設定の方法について解説します。


まずはWordPressの管理画面から、
設定」→「パーマリンク設定」へ進みます。


FireShot_Capture_308_-_一般設定_‹_アフィリエイト初心者に稼ぐコツ__-_http___afmasakun01_com_wp-admin_options-general_php



するとパーマリンクの設定画面が表示されます。



FireShot_Capture_309_-_パーマリンク設定_‹_アフィリエイト初心__-_http___afmasakun01_com_wp-admin_options-permalink_php


ここでのポイントは2つあります。



それは、
数字ベースにするかカスタム構造にするか
です。


それぞれの違いについて詳しく解説していきます。

カスタム構造


まず、とにかくSEO対策を意識したいのであれば、
カスタム構造を選択して下さい。


カスタム構造の設定には大きく2パターンあります。


カテゴリー名/記事タイトル

https://afmasakun01.com/wordpress/permalink


記事タイトル

https://afmasakun01.com/permalink


それぞれこのように表示されます。


この2つの違いなのですが、
とにかくSEO対策上を意識したいのであれば、
カテゴリー名/記事タイトル」の方を選んだ方がいいです。



こちらの設定を行うのであれば、
「カスタム構造」の欄に、
/%category%/%postname%」と入力します。


FireShot_Capture_309_-_パーマリンク設定_‹_アフィリエイト初心__-_http___afmasakun01_com_wp-admin_options-permalink_php


しかし、実際にサイトを運営していると、
カテゴリー名を変更する事は珍しくないのですが、
もし、「カテゴリー名/記事タイトル」を選んでしまうと、
カテゴリー名を一切変更しないか、あるいは変更する度に
上記のデメリットを受け入れざるを得なくなります。



ですので、カスタム構造を選ぶのであれば、
記事タイトル」の方を選んで下さい。




こちらの場合、カスタム構造の欄には
/%postname%」と入力します。


FireShot_Capture_309_-_パーマリンク設定_‹_アフィリエイト初心__-_http___afmasakun01_com_wp-admin_options-permalink_php



ちなみに、カスタム構造の設定を行うと、
記事投稿画面でURLの設定を行う必要があります。



FireShot_Capture_310_-_投稿の編集_‹_テストサイト_—_WordPress__-_http___testsite012_xyz_wp-admin_post_php


こちらの赤枠で囲まれた部分に、
作成する記事の内容に合ったURLを入力します。


なお、日本語だと検索エンジンの読み取りが遅くなるので、
アルファベットでの入力をおすすめします。

数字ベース


一方の数字ベースですが、
こちらは初心者の方におすすめな設定です。


数字ベースの設定にした場合、

「https://afmasakun01.com/archives/3042」

このように表示されます。



この設定のメリットは、記事ごとに
パーマリンクのURLを設定する必要がないため、
その分、記事作成に時間を注げる点にあります。


実際のところは、記事タイトルの設定自体は
それほど面倒な事ではないのですが、
初めてWordPressを触る方であれば、
こうした設定に面倒臭さを覚える方も
かつての僕を含め、少なからずいるかと思います。



数字ベースは上記のカスタム構造と比べ、
SEO効果の面では劣るのですが、
パーマリンクの設定1つで検索エンジンからの評価が
大きく変わる訳ではないので、
そこまで気にする事はありません。


大切なのは記事の質の方ですからね。



ちなみに投稿画面ではこのように表示されます。


FireShot_Capture_311_-_新規投稿を追加_‹_知識の宝__-_http___treasurehouse-of-knowledge_com_wp-admin_post-new_php


上のカスタム構造の画像とは異なり、
パーマリンクURLの設定画面がない事がわかりますね。

このブログのパーマリンク設定はどうなってるの?


パーマリンク設定の説明については以上なのですが、
このブログのパーマリンク設定についても
最後に触れておこうと思います。


このブログでは、
「http://~~.com/~~.html」という形式にするために必要な
.html on PAGES」というプラグインを活用しています。


記事の末尾に「html」という表記が出てくるのが特徴です。



このプラグインを使ってみた感想ですが、
記事ごとにURLを設定する必要もないですし、
URLもシンプルなのでそこそこ満足はしています。


ただ、仮に情報発信ブログをもう一度作るのであれば、
このプラグインではなく、SEO対策を意識した
カスタム構造を用いると思います。


また自分が初心者である場合も、
パーマリンク設定のためだけに
プラグインをインストールする事はしないと思います。

(プラグインを入れ過ぎるとサイトが重くなる可能性があります)


ただ、先程も述べた通り、
パーマリンクを変更するとSEO対策上よくないので、
このままの設定にしている訳ですね。



ですので、
パーマリンク設定に関する結論としては、

初心者、設定に時間をかけたくない:数字ベース
SEO対策を重視したい:カスタム構造(カテゴリー除く)


このいれずれかを選ばれるのがいいと思います。


WordPressでブログを開設した際には、
なるべく早い段階で、パーマリンク設定を
どのようにするかを考えてみて下さいね。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です