intitleとallintitleの意味を解説。お宝キーワードの見つけ方とは。

s_allintitle
こんにちは。まさくんです。


ここではライバルチェックの一環として

ライバルがまだ手を出していないお宝キーワードの見つけ方

これをテーマにお話していきます。


具体的には、intitleとallintitleという
特殊コマンドの意味や使用方法をご紹介しています。


それでは、見ていきましょう!



ライバルがいないお宝キーワードの見つけ方


あなたがアフィリエイトで稼ぐ場合、
必ず以下の2つを決める事になりますよね。


・紹介する商品or広告
・利用する複合キーワード




ただ、この2つを決めるだけでは不十分で
記事を書く前に、ライバルチェックを行う必要があります。


それはこの記事で詳しく解説しています。


アフィリエイトにおけるライバルチェックの3つの方法



このライバルチェックには
大きく3つの方法があるのですが、
この記事で紹介するのは、そのうちの1つである

キーワードと記事タイトルの一致のチェック

に関連するテクニックになります。



そこで利用するのが、一番始めに軽く触れた
intitleとallintitleという特殊コマンドです。


この2つを利用する事で、
ライバルがまだ手を出していないお宝キーワードを
見つける事が可能になってくるんですよね。

intitleとallintitleの意味を画像を使って解説。


で、このintitleとallintitleですが
一体どのような意味があるかご存知ですか?


・intitle:
複合キーワードが1つでも記事タイトルに含まれている



・allintitle:
全ての複合キーワードが記事タイトルに含まれている



うーん、
少し分かりにくい説明かもしれません。


画像を使った方が分かりやすいので、
この記事では、毎年6〜7月になると売れ行きが好調になる
「脱毛器」を例にとって解説していきますね。



ベルフラッシュ 脱毛器 口コミ

こんな複合キーワードを選んだとします。



この後で、intitleとallintitleを
使っていく事になるのですが…。



そこで、以下のキーワードを
実際に検索エンジンで打ち込んでみて下さい。


30秒程度で終わるので、
ものの試しにやって貰えればと思います。


intitle:ベルフラッシュ 脱毛器 口コミ


allintitle:ベルフラッシュ 脱毛器 口コミ



ちなみに”:”を入れ忘れる事が多いので、
入力する前には必ず確認して下さい。




で、その結果が以下の2つの画像ですね。



こちらがintitleで


スクリーンショット 2015-04-29 11.54.32



こちらがallintitleの検索結果です。


スクリーンショット 2015-04-29 11.54.50


そして、この2つの画像の違いは
以下の3点という事になりますね。



①選んだキーワードが全てタイトルに含まれている
②検索結果に表示されるサイト、記事が異なる
③表示されるサイトの件数が異なる



1つずつ確認していきましょう。

intitleとallintitleの3つの違いについて


まずallintitleから見ていきましょう。



allintitleを利用した検索結果は


「ベルフラッシュ」
「脱毛器」
「口コミ」



この3つのキーワード全てが
記事タイトルに含まれています。


スクリーンショット 2015-04-29 11.54.50



一方、
intitleを利用した検索結果の2つ目のページには



「ベルフラッシュ」
「脱毛器」


この2つは使われてますが、
「口コミ」が使われてない事が分かります。


スクリーンショット 2015-04-29 11.54.32


①intitleとallintitleの違い:
・選んだキーワードが全てタイトルに含まれているか否か



allintitleはこの条件に合致するのですが、
一方のintitleはこれには該当しないですよね。



intitleの場合だと、
選んだ複合キーワードのどれか1つでも
記事タイトルに含まれているのであれば、
検索結果に、そのキーワードを含んだ記事を
表示するという事になるわけです。


この場合だと、allintitleでは表示されていない
「Yahoo!知恵袋」が表示されています。



②intitleとallintitleの違い:
・検索結果に表示されるサイト、記事が異なる



結果として、こうなる訳ですね。


又、allintitleの場合だと、
選んだキーワード「全て」を含んだ
記事タイトルしか表示されないため、必然的に
表示されるサイトの数は絞られる事になります。



③intitleとallintitleの違い:
・表示されるサイトの件数が異なる


intitleでは51件のサイトが表示されてますが、
allintitleでは10件と絞られている訳ですね。

allintitleによるお宝キーワードの見つけ方


で、このintitleとallintitleをどう使うかですが、
まずは片っ端から複合キーワードを見つけて
上のように色々調べてみましょう。


その際に注目して欲しいのは、
intitleとallintitleの比率です。



「intitle対allintitleが1対5」程度だと、
その複合キーワードを使って
記事を書いてもいいと思います。



先の脱毛器の検索結果だと、
intitleが51件、allintitleが10件なので、
ライバルに勝てない事はないと
考えられる訳ですね。


逆に、1対2の状態な場合、
その複合キーワードで記事を書くのは
あなたのサイトのSEOパワーにもよりますが、
基本的には避けた方が無難です。



又、あなたがアフィリエイト初心者であれば、
始めから1対5の比率で戦うよりは、
余裕を持って1対20の比率で
勝負していった方がいいかもしれません。


そして、あなたが記事更新に慣れてきたり、
あるいはサイトのSEOパワーの強さに比例して
比率を少しずつ下げていく展開が理想ですね。



ただ、ここで注意しておきたいのは、
記事タイトルだけで全てが決まる訳では
決して無いということです。


詳しくは下の記事を一読して欲しいのですが、
ライバルサイトが独自ドメインなのかや、
記事内容の充実度もチェックしておきたい所です。


アフィリエイトにおけるライバルチェックの3つの方法



特に、近年のGoogleはコンテンツの質を重視しており、
いくらお宝キーワードを見つけた所で、
肝心の記事がしょぼければ上位表示される事は無いと考えて下さい。


intitleとallintitleは、お宝キーワードを見つける上で
非常に便利なテクニック、方法ですが、
これはあくまで「テクニック」でしかない事も
同時に覚えておいて下さいね。

まとめ:intitle, allintitleとお宝キーワードの見つけ方


この記事では、ライバルチェックの
テクニックとして押さえておきたい
intitleとallintitleについて解説しました。


意味は以下の通りでしたね。


・intitle:
複合キーワードが1つでも記事タイトルに含まれている


・allintitle:
全ての複合キーワードが記事タイトルに含まれている




そして、
intitleとallintitleの比率が1対5であるものや
始めのうちは1対20となっている
お宝キーワードを見つけるのが
おすすめという話でした。



P.S
ちなみに下記の記事では、
intitleとallintitleのより具体的な
使い方について解説しています。


intitleとallintitleによるライバルチェックを効率化する方法とは?


この2つのコマンドを
どのような順番で使うべきなのか。

これに関する僕の考え方を
紹介している形になりますね。



それでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【月収30万保証】ネットで稼ぐ為の第一歩を踏み出す為に

adventure-1807476_640-1
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です