はじめまして&こんにちは。まさくんです。
当ブログへのアクセスありがとうございます!

このブログでは、
これからアフィリエイトを始めようと考えている方や、
既にアフィリエイトを始めているけど、中々成果を出せない方を対象に
ネットやアフィリエイトで稼ぐ方法を発信
しています。


また、僕のことを簡単に紹介すると、
ネットビジネスやアフィリエイト、Webのコンサルティングや
株式投資などでご飯を食べてる経営者です。


中でもアフィリエイトには力を入れていて、
Google AdSenseや成果報酬型のブログアフィリエイト、
メールマガジンを活用した教材のアフィリエイトといった
複数の手法を用いて安定収入を稼ぐことに成功しています。


こうした様々な手法を実践する事で、収入源を複数に分散させ、
安定的な収益を出し続ける事によって、

PC一台で安定的にお金を生み出し続ける仕組み

を実現できるようになりました。




そして今では、好きな時に好きな場所で好きな仕事ができる状態、

例えば平日午前のガラガラのカフェで気軽に作業をしたり、
気分転換に旅行に行って行き先のホテルで読者さんのコンサルをしたり、
自分の体験談をブログに書くだけでお金を稼いだり…


こうした状態を心から楽しみながら、
自分が実践したいビジネスを実践する生活を送れるようになっています。



しかし、ここまで来るのには本当に苦労の連続。



自分がどのネットビジネスのノウハウを実践するのかを確かめるべく、
総額300万円以上を情報商材や高額塾に投資してノウハウを学び、

それが本当に正しいのか、そして自分に向いているのかを、
24時間365日のうち自分が使える時間は全てネットビジネスに費やし、

友達に「何怪しい事やってるんだ、早く社会復帰しろよww」と言われ、
稼げない、結果が出ない自分に不甲斐なさを感じたり、

行きつけのカフェで楽しそうにしているカップルに怪訝な顔をされながら、
延々とキーボードを叩き続けて記事の更新を続けたり・・・



「僕は一体何をやってるんだろう」


こう思った事は一度や二度ではありませんでした。



しかし、諦めずに作業を続けた結果、
収入、収益、資産は右肩上がりに拡大。

余裕のある暮らしを実現するだけの金額を
ネットを使って稼ぐ出す力を身に付ける事ができました。



そもそも、何で僕がアフィリエイトを始めたのかですが、
そもそものキッカケは過去の病歴によって、
学生時代の就職活動に失敗したからです。


もともと僕は幼い頃から病気がちで、体も強くなかった事もあり、
「会社に勤めて組織の中で出世する」という進路では、
自分の人生を充実したものに出来ないな、という事を感じていました。



なぜ僕が、こうした事を考えたのか。

そしてアフィリエイトで成功するまでに
どのような道筋を辿っていったのか。


以下では、その紆余曲折を
一切包み隠さずに公開しています。

全ての始まりとなった、15年以上の闘病生活


僕がアフィリエイトを始めたきっかけは、
ほんの最近まで経験していた、
15年以上にも及ぶ闘病生活でした。


僕は昔から病気にかかりやすい体質だったみたいで、
今に至るまで、以下の闘病生活を送ってきました。



・産後:横隔膜ヘルニアで手術
(命が助かる確率は50%だったそうです)


・3歳:盲腸で手術
(6歳の時にも同じ盲腸で手術をしました)


・12歳:肺気胸で入院
(14歳の時に手術をして完治しました)


・15歳:関節リウマチを発症
(昨年まで薬を服用する生活を送っていました)



このような体験をしたからか、
僕は昔から人とのコミュニケーションが
あまり得意ではありませんでした。


大人数での会話はかなり苦手。
人の顔をまともに見れず目を背けてしまう…
どのような話をすれば相手が喜んでくれるかわからない…


こういったタイプの子供でしたね。



こうした性格だったので、
いじめに合うこともしばしば。


おまけに身体も病気がちだったため、
武道や格闘技を習得していじめっ子を打ち負かす…
といった事も出来ない状態でした。


また、友達も多い方ではなく、
せっかく出来た数名の親友も
相手の転校や、中学校が別々ということで
離ればなれになる事が殆どでしたね。

高校受験生に突如、襲いかかる病魔


こうした体験の中で最も辛かったのが、
15歳の時に発症した「若年性関節リウマチ」
という病気でした。


この病気は、一言で言うと、
間接に腫れや痛みが生じるもので
放っておくと骨がボロボロになるという
今思い返してもかなり恐ろしい病気です。





これは僕の右手を撮影したものなのですが、
小指が少し浮き出ているのが
よく見るとわかると思います。


このように、指などの身体の一部分が
腫れる病気だと言えばお分かり頂けるでしょうか。


そして、この病気を治療する為に
僕はかなりの量の薬を服用する事に。





例えばこのようなものですね。


これは「メトレート」という、
リウマチ患者がよく服用する薬です。


この薬は、副作用が強烈な事で有名で、
僕自身もこの作用にかなり苦しみました。



他にもこんな薬を利用していました。





これは「ヒュミラ」という皮下注射の薬で、
週に1~2回、腕やお腹に注射を行うというもの。


この薬も発熱や全身のだるさ等の副作用があり、
僕自身も上記のメトレート剤同様、
その副作用にはかなり苦しめられてきました。


これ以外にも多くの薬を服用していて、
症状が最も深刻な時には、
1日に20錠以上の飲み薬を服用してましたね。



当時の僕は高校受験を控えている中学3年生。



しかし、病気や薬の副作用によって
受験勉強や机に向かう事はもちろん、
歩く事すらままならない状態に陥ったのです。


自らの未来に絶望しました。


この先、自分はどうなってしまうのだろうと・・

通信制高校と32点からの大学受験


その後、僕は通信制高校に進学します。


この通信制高校という所は、いわば、
「高卒の資格を与える為にある学校」と言ってもおかしくはない所でした。


さほど難しくない教科書を読んで、
最低限のレポートを提出しさえすれば
卒業に必要な単位が貰えるんですね。


毎日登校する必要もなく、
レポートを提出するためだけに
学校に通っていればそれで構わない。
そんなシステムでした。


そんな僕の高校時代の思い出ですが、
語れるような事は何一つない状態です・・涙


いわゆる「クラス」「部活」「学内行事」
こういった普通科の高校にある(?)ものが
事実上、存在してないんですよね。


なので、気軽に話せる友人が
極めて作りにくい環境でした。


要するに、「友達」「仲間」と呼べる人が
周りに1人もいない状態だったんですよね。


こうした状態が5年くらい続いていました。


他にも、この時期は、
服用している薬の副作用にも悩まされていて、
充実した高校生活を送るどころか、
一日たりとも心穏やかに過ごせた日はありませんでした。


人生に絶望した僕は家に引きこもるようになり、
自宅のパソコンでネットを見る日々を過ごしました。

いわゆる、引きこもりニート状態です。






それから3年後・・・




通信制高校に通っていたお陰もあってか、
僕は何とか高校卒業の資格を得る事は出来ました。


当時はそれほど嬉しくは感じなかったのですが、
この資格のお陰で、大学進学が出来た事を考えると、
非常に有り難いものだったなあと思います。



又、幸いな事にこの頃になると
持病のリウマチはかなり改善していました。


家で大人しく引きこもっていたのが、
かえって幸いだったのかもしれません。


他にもこの頃になると、
近所のコンビニや牛丼屋でのアルバイトを通して
社会復帰を成し遂げる事が出来ました。


引きこもってネットを見る時間も
次第に減少していきましたね。



その後、いろいろ考える事もあり
大学受験を決意します。



当時の僕は、勉強の事は全く分かりませんでした。



いわゆる「学校の勉強」というものは、
中学3年の途中でストップした状態。



センター試験の英語の模試で、
250点中32点を取った事もありましたね笑



そのような状況の中、
アルバイトで稼いだお金で予備校に通い、
毎日コツコツと受験勉強を続けました。



何せ全くのゼロから受験勉強を始めた為、
合格までにかなり多くの時間を費やしましたが、
偏差値60強の私立大学に何とか合格出来ました。



大学に入学した時の年齢は22歳。



持病発生時の15歳から、
既に7年もの年月が経過していました。



思えば随分遠い所にまで来たものだと
今でもしみじみと思います。

充実した大学生活


僕が入学した大学と専攻は、
都内の私立大学の政治学科でした。


かねてから政治に興味があり、
ゼミでは国際政治を学んでいました。



また、ボランティアサークルに入り、
開発途上国や被災地に出向いて
活動を行う事もありましたね。



何より嬉しかった事は、
本音で語り合える友人に巡り会えたこと。


何気ない会話が出来る友人を作るという事も
数年間、全く行っていなかった為
こうした経験が出来た事が
心から嬉しかったですね。



充実した学生時代を
過ごす事が出来たなと思います。

影を指す就職活動


しかし、そんな僕には1つ
心から不安に思う事がありました。


就職活動です。


僕が大学に入ったのは22歳。


しかもその理由が、
10年以上にも及ぶ闘病生活。



こんな僕を雇ってくれる会社が、
この世にあるのだろうか。



授業やゼミで勉強をしている時でも
ボランティア活動を行っている時でも
友人とたわい無ない会話をしてる時でも
この「シューカツ」という文字が
僕の頭から離れた事はありませんでした。



こうした経歴を持つ僕が、
これから社会で生きていくには
一体、どのような手段や方法があるんだろう。


所属するゼミやサークルでの活動は勿論、
社会人の方に話を伺って今後の人生を考える等の、
僕なりに、色々な工夫や努力をしてきました。



ただ、僕が求めていた答え、生き方を
そうした経験の中で見つける事は出来ませんでした。


僕のような、学生の他愛のない話を
時間を取ってまで聞いて下さる方って、
器が大きいと言うか、これまでの人生を順風満帆に
過ごされた方が殆どな印象を受けたんですよね。



よくよく考えればもちろん、
人生全てを順調に過ごされた方なんて、
いる訳ないのはわかっています。



ただ僕から見るとそう見えたんです。



子供時代や思春期に大病を患うなど、
かつての僕と同じ悩みを抱え、
かつそうした逆境にも関わらず、
充実した仕事やプライベートを送られている方。


僕にとって、人生のロールモデルとしたい方を
学生時代に見つける事は叶いませんでした。



「例え病気を患ったとしても、
これからの人生、心配する必要は何もない」


このような核心を、
得たかっただけなんですけどね・・・

「最終面接?それって実在するの?」


そして迎えた就職活動の時期。


結論から言うと、かねてからの予想通り、
僕の就職活動は上手くいきませんでした。



エントリーシートの段階で
落とされる事はしばしば。


「エントリーシート通過くらいなら余裕だよねー♪」


こうした事を言い合う友人の言葉が、
僕にはまるで異世界のように感じられました。



また、仮にエントリーシートが通過したとしても、
その先には”シューカツの本番”とも言える
面接が待ち構えています。



僕の場合、
1次面接で過去の経歴や病歴をさんざん聞かれ
この段階で多く落とされるという状態でした。


2次面接に進んだのは僅か一度。



最終面接?それって実在するの?



まあこんな状態だったんですよね。



他にも、とある方へOB訪問に行った時に、
「若手は24時間寝ずに一週間働かなきゃダメだぞー!」
みたいな事を言われた時は、
「開いた口が塞がらない」ってこの事かと思いました笑


「それじゃ持病が再発しちゃうじゃん・・」



15年以上の闘病生活を経験してる僕にとっては、
「24時間寝ずに働く=持病の再発」
というイメージをせずにはいられないんですよね。



そして僕は考えました。


いつからこの社会は、
過去にブランクや過ちを抱えた人や
何かしらの持病や問題を抱える人に
冷たくなったんだろう。


それとも、もともとそうだったのか。



どっせ病人は社会にとって、
役に立たない存在なんだ・・・


僕なんてこの世に居なくても
誰も困りはしない存在なんだ・・・



頭の中では、そんな事ばかり。



つい感情的になっていた自分の頭を冷やして
落ち着いて考えたりもします。

・このまま就職活動を続けても上手くいく保証はない。
・仮に内定を貰ったとしても、その先の未来に希望はない…


就職活動を放棄する事を決意


そして僕は、一つ結論を出しました。


就職活動を放棄する事にしたのです。



実はこの時はまだ4月で、
友人の中でも内定を貰ってない人の方が
まだ大多数という状態でした。



しかし、僕の心は既に就活から離れていました。


体力も気力も既にゼロになっていたのです。


「このまま頑張って就活を続け内定を貰ったとしても、
その先にある未来は、一体どのようなものなんだろう?」



僕が就職活動を始める年の少し前に、
世間では「ブラック企業」という言葉が
話題を集めていました。


それこそ24時間寝ずに働いていた若者が、
自殺するという衝撃が話題になってましたよね。


「こうした会社に就職して身体を壊し、
また病気が再発してしまうのでは?」


自らの、あのおぞましい過去を振り返ると、
就活をしようという気には全くなれませんでした。



「では、この先何をすればいいんだろう?」


身も心も疲れ果ててしまった僕は、
一時期、引きこもりニートになりますが、
しばらくして、このままじゃいけないと一念発起。


自立するための行動を繰り返します。



最初にやったのは公認会計士の勉強でした。
大学の知り合いに会計士に受かってた人がいたのですが、
どうやら試験に受かりさえすれば、20代
人によっては30代前半でも社会人になれるらしい。


しかし、もともと算数が苦手だった僕は、
簿記3級の段階で挫折w

電卓で計算ミスしてばっかりでした。


次に、就職活動のOB訪問で知り合った人と、
株式投資のスクール事業を開始。
メデイアの立ち上げやコンテンツ制作を経験しますが、
相手の都合によって事業は中断。こちらも挫折という結果に。


しかし、この時培ったメデイア運営やコンテンツ作成の経験が、
絶望の中にいた僕を救ってくれました。

そして見つけたアフィリエイトという選択肢


途方に暮れる中、最終的に辿り着いたのがネットビジネス。
そして、アフィリエイトという選択肢でした。


初期費用ゼロで出来る
という宣伝文句に惹かれ実践を開始したのですが、

自分がどのネットビジネスのノウハウを実践するのかを確かめるべく、
総額150万円以上を情報商材や高額塾に投資してノウハウを学び、

それが本当に正しいのか、そして自分に向いているのかを、
24時間365日のうち自分が使える時間は
全てネットビジネスやアフィリエイトの作業に費やし、

友達に「何怪しい事やってるんだ、早く社会復帰しろよww」と言われ、
稼げない、結果が出ない自分に不甲斐なさを感じたり、

行きつけのカフェで楽しそうにしているカップルに怪訝な顔をされながら、
延々とキーボードを叩き続けて記事の更新を続けたり・・・




現実はと言うと、来る日も来る日も、
インプットとアウトプットを繰り返す日々。


無料ブログで商品を紹介したり、
Twitterでクリック型アフィリエイトのリンクを流したり
YouTubeで動画を作成するなど、
試行錯誤を繰り返していましたね。



しかし、こうした努力は無駄ではありませんでした。


諦めずに続けた結果、Google AdSenseを実践したら
ブログ開設たったの2ヶ月で27万稼げてブレイク。

その後もサイトアフィリエイトを始め、
月間で40~50万を安定して稼ぎ出したり、
メルマガアフィリエイトにも挑戦して年間400万円稼げるようになりました。


また、この経験を活かしてアフィリエイトの情報発信や
Web集客のコンサルティングも開始。

アフィリエイト初心者の方がゼロから月収10万を稼げるようになったり、
大手企業のWebサイトのリニューアル案件に参加して、
新規顧客獲得数を1.5倍にする
など、

確実に成果、実績を伸ばすことが出来ています。



そして今では、余裕のある暮らしを実現できるだけの、
収入、収益、資産を手に入れる事ができました。


巷でよく言われる、

PC一台で安定的にお金を生み出し続ける仕組み

を遂に、実現できるようになりました。



そして、このアフィリエイトの成功体験は、
僕に新しい「」を描かせてくれたのです・・・!

アフィリエイトに関する僕の考え方


僕の経歴を簡単に紹介したところで、
「アフィリエイト」について僕がどう考えているのか。

そして、僕がどのような理念を持って
現在の活動を行っているのかについてご紹介します。



僕が感じるアフィリエイトの魅力は

・過去の経歴を問わずに誰でも始められる
・身体に極力負担をかけずに働く事が出来る



この2点です。



前述した通り、僕は(おそらく)
以下の2つの理由で就職活動に失敗し、
民間企業への就職を断念しました。


・過去に15年以上の闘病生活を送ったこと
・22歳という年齢で大学に入学したこと




さて、ここであなたにお聞きしたい事があります。


あなたが企業の人事担当者だとして
過去にこうしたバックグラウンドを持つ学生を
採用したいと思えるでしょうか。


解答の内容は十人十色だとは思うのですが、
「病気の再発リスク」を考慮すると、
なかなか難しいんじゃないかと
思う方も少なくないかと思います。



また、22歳で4年制大学に入学した僕ですが、
会社に入る頃には既に26歳になっている訳です。


こうした年の離れた社員が1人居ると
同期としても、そして上司としてもどこか
やりにくい面が出てくるのも否定出来ません。



つまり就職活動は、18~19歳で大学に入学し、
かつ過去に話し辛いエピソードがない学生でないと、
なかなか成功し辛いものではないかと僕は思うんです。


過去に何かしらの事情がある学生が
挑むべきものではないのかもしれません。



この点アフィリエイトはどうでしょうか。


アフィリエイトを始めるにあたって
特別な能力や資格は一切必要ありません。


パソコンとネット環境さえされば、
誰でも実践する事が可能な働き方です。



このような、過去の経歴などを問わず
誰にでも始められるという点もあって、
様々なバックグラウンドをお持ちの方が
アフィリエイトに取り組まれています。


・家事や子育てに奮闘されている主婦の方
・副業として取り組まれている会社員の方
・定年後の生き甲斐として取り組まれているシニアの方
・病気や介護などの事情で在宅で働かざるを得ない方
・かつての僕のように、引きこもりニート生活を送られている方




あなたもこのうちのどれかに該当されるのでしょうか。


そして僕のような、過去に病歴がある方や、
就職活動に失敗したり上手く行かなかった方も、
「アフィリエイトで人生を変えてみせる!」
という想いを抱き、実践されてる方がいらっしゃいます。


アフィリエイトのこうした一面は、
過去の病歴によって就職活動に失敗した
僕にとって、魅力的なものに映るんですよね。



また、僕がアフィリエイトに感じるもう一つの魅力が
「身体に極力負担をかけずに働く事が出来る」
という点にあります。


僕は15年以上の闘病生活を送った事もあってか、
身体を酷使する仕事に就く事には、
どうしても抵抗が出てくるんですよね。


なので、アフィリエイトのような、
時間がある時に自分のペースで作業が出来る働き方は
元々体が強くない僕にとっては
非常に魅力的なスタイルなんですよね。



ここ数年、社会を騒がせている
「ブラック企業」のように夜遅くまで残業する必要は、
あなたが望まない限り決してありません。


あるいは、朝の5時や6時に起きて、
満員電車に乗る事も決してありません。


こうした魅力に心惹かれる方も、
少なからずいらっしゃるでしょうね。


また、もし「今日は体調が悪いな」と思ったら、
少し横になって休憩すればいいだけ。


僕にとってのアフィリエイトは、
自分自身の持病の再発に怯えずに済む、
理想的な働き方なんですよね。

僕の活動理念について


僕は、アフィリエイトを実践する事によって、
自分の力でお金を稼ぐ力を身に付けましたし、
また同時に、就職活動や持病の再発という、
数々のプレッシャーから自由になる事が出来ました。


このような、僕の人生にいい影響を与えてくれた
アフィリエイトのノウハウを一人でも多くの人に知ってもらい、
かつ実践して成功して欲しいと考え、今のビジネスを行っています。



現在、アフィリエイトを始めとする「副業」が、
会社員や主婦の方を中心に人気を集めていますね。


副業をテーマとした雑誌やムック本を見る頻度も
前より大分増えてきた気がします。


とは言え、気合いを入れてこうした本を購入したものの、
いざ何をやっていいのか…という段階でつまづいている方も、
少なからずいらっしゃると思います。


そうしたアフィリエイトを最近始めた初心者の方を対象に、
どうしたら稼げるのか、成功できるのかの方法やコツを教えたいと思い、
今回、このブログで情報発信をする事を決意しました。



そして今、僕には実現したい未来があります。



かつての自分のように、病気や怪我で苦しみ働きたくても働けない方…
人付き合いに自信がない、いじめや不登校、引きこもりで苦しんでいる。
就職活動や転職が上手くいかない、自分のやりたい仕事ができない。
今の苦しい状況を脱却するために努力をしているが、結果が出ない…


こうした苦しい、辛い思いをされてる方が、
自分らしく、幸せな、新しい第2の人生をいつ、どんな状況であっても、
歩めるようになる世界を創ることです。




僕自身、アフィリエイトに出会い、これまでの辛い日々を乗り越え
今では自分らしい、やりたい仕事に次々とチャレンジできています。
収益や資産、人間関係の幅も着実に広がっています。


あなたにも、この経験をして欲しい。この感覚を味わって欲しい。



そこで僕は、これまで自分が培ってきた経験や、
恥ずかしい失敗談も含めた経験を発信する事で、
一人でも多くの方の人生のお手伝いをさせていただければと思い、
このブログを通して日々、情報発信を行っています。


また、メルマガでは
ブログでは決して公開できないレベルの
より質の高い情報を発信しています。

登録は無料ですので、
お試し感覚で1通目のメールを読んでみて下さい。

現在、月7桁稼ぐトップアフィリエイター直伝のキーワード選定マニュアルや、
1時間分の期間限定skypeコンサルを特典に付けているので、
ぜひ積極的に利用してみて下さい。

http://afmasakun01.com/lp/lp01/


ここまで読んでいただいた方は、
登録して損することはないかと思います。

以下のページから登録できるようになっています。

http://afmasakun01.com/lp/lp01/


僕の自己紹介は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

まさくんでした。

追伸


以下のTwitterでも色々つぶやいています。
一度確認してみて下さい。

Twitter

また以下のページでは
実際に使ってよかったツールを紹介しています。

おススメツール一覧

アフィリエイトで「第二の人生」をスタートできた男の物語

僕はアフィリエイトで毎日40~50万の安定収入を稼いでおり、
とある手法で年間400万円ほどの売上を叩き出した事があります。

・・・と言っても、クソ怪しいですよね。

おそらく、昔の僕だったら怪しいww誰が騙されるんだよwww
と間違いなく思っていたでしょう。

ですが、これは紛れもない事実なのです。

僕は持病や学生時代の就職活動に失敗した
典型的な落ちこぼれ、社会不適合者で、
一時は引きこもりニート生活を送ったこともありました。

しかし、アフィリエイトを実践したことがきっかけで、
現在は企業へWebマーケティングのアドバイスが出来るようにもなり、
自分に対して自信を持てるようになりました。

こうした経験から、今がどんなに苦しい状況であっても、
日々やるべき事を継続すれば人は変われると僕は確信しております。

典型的な落ちこぼれだった僕がどのようにして
稼げるようになり、自信を取り戻せるようになったのか。
その過程は以下の記事からどうぞ。
⇒まさくんが第2の人生を歩み出すまでの物語はコチラ



メルマガも↓↓から登録できます。
現在、月7桁稼ぐトップアフィリエイター直伝のキーワード選定マニュアルや、
1時間分の期間限定skypeコンサルを特典に付けているので、
ぜひ積極的に利用してみて下さい。

⇒社会不適合者でも成功できる「正しいアフィリエイトの姿」を配信中